Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » その他(オフィシャルブログ) » 『ニュースキャスター』(大越健介 文藝春秋)を読み終わりました。  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ニュースキャスター』(大越健介 文藝春秋)を読み終わりました。  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


ニュースキャスター (文春新書) 大越 健介 文藝春秋
を読み終わりました。2013.08.12

ご存知の通り、著者は「NHKニュースウオッチ9」の

メインキャスターの大越健介さんです。

この本の中で、大越さんは現在に至るまでの心境を率直に

語っています。

ニュースキャスターになるまでの経緯や、

20年以上にも及ぶ記者時代のエピソード、

学生時代の思い出話、さらに東日本大震災後に

NHKのサイトにコラムの連載を開始したこと、

プライベートな出来事をなどを

硬軟混ぜあわせ文体で綴っていて、

とても楽しく読めました。

大越さんが本文中で語っているように、

記者出身の大越さんがニュースキャスターに

なっても記者であるという原点を忘れず、

現場へ足を運ぶ姿勢は大切なことだと思いました。

「記者とは?」について大越さんは、次のように

述べています。

多くの記者は天才でも何でもない。日々追いかける

事象も、むしろ地味なものが多い。ごくありきたり

の人間が、必死に取材先に向きあう。取材相手にとって

不都合なニュースとなっても、その相手が「オマエが

書くのならしょうがない」と言ってくれるような姿が

理想だと考えてきた。そうして懸命に紡ぎ出されるのが

ニュースというものなのだ。(P.88)

この本を読むと、テレビの顔とは違う、大越さんの素の部分に

触れ、大越さんの人間性が感じとれることでしょう。

 

 

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー