Home » 中高年のためのパソコン入門講座(1) » 第5回 コントロールキーの使い方(3) 広範囲なデータを一括してコピーしたり削除する方法  中高年のためのパソコン入門講座(1)

第5回 コントロールキーの使い方(3) 広範囲なデータを一括してコピーしたり削除する方法  中高年のためのパソコン入門講座(1)

 

コントロールキーの使い方(3)
広範囲なデータを一括してコピーしたり削除する方法

 

前回は、不連続の文章をコピーしたり削除する方法でした。

 

あまりにも初歩的すぎて飽きた方は、もうこれ以上、このブログに付き合う
必要はありません。

 

あなたのご期待に応えられず、申し訳ございません。

 

一方で、確かに初歩的なことかもしれないが大切なことだと、
思われた方は引き続きご覧ください。

 

今回のテーマは、

 

<3>広範囲なデータを一括してコピーしたり削除する方法です。

 

あなたが興味を持ったサイトが、どのようなソース(ホームページのファイル
である、html<hyper text markup language=ホームページ作成のための使わ
れる言語>をテキストで表示したもの)で作られているか調べることにした
とします。

 

一般的に、ソースをディスプレイで見ますと、ディスプレイのサイズが
大きくても何回もスクロールしないと見られません。

 

ちなみに、ソースを見るには右クリックで「ページのソースを表示()」を
選択します。

 

そのソースを一括してコピーし、ワードに貼り付けるにはどうしたら良い
と思いますか?

 

コピペでもちろんできますが、ソースの左上から右下までずっとドラッグし
続けなくてはなりません。

 

これはかなり骨の折れる作業です。

 

途中で途切れてしまうこともあり得ます。

 

こうした場合には、コントロールキー+A を使います。

 

ソース画面のどこでもいいですからスペースでコントロールキー+A
押し下げてください。

 

すると、全画面のソースが反転して表示されます。

 

ドラッグしなくても、一括してソースを確保することができました。

 

後は、コントロールキー+C でコピーし、貼り付けるだけです。

 
 
あるサービスを利用するために、会員登録しなくてはならないことが
ありますね。

 

その際、大体小さな窓枠(インフレーム)内に延々と規約が書かれて
います。

 

これをスクロールして全てを見ようとすると、煩わしいなと感じた
ことはありませんか?

 

こうした場合にも、コントロールキー+Aを使って、ワードや
メモ帳(Windowsに標準装備)、TeraPadなどに貼り付ければ、全文を
楽に見ることができます。

 

尚、コントロールキー+Aの機能は、マウスの右クリックの
すべて選択()」でも可能です。

 

削除は、DELキーを使います。反転しているどの部分でもいいですから
ポインタを置き、DELキーを押し下げれば完了です。

 

お試しください。

 

お疲れ様でした。

 

藤巻隆(ふじまき・たかし)

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー