Home » 中高年のためのパソコン入門講座(1) » 第3回 コントロールキーの使い方(1) コピー・アンド・ペースト  中高年のためのパソコン入門講座(1)

第3回 コントロールキーの使い方(1) コピー・アンド・ペースト  中高年のためのパソコン入門講座(1)

 

コントロールキーの使い方(1)
コピー・アンド・ペースト

 

前回は、このブログの方向性についてお話しました。

今回からパソコン(以後、パソコンに統一します)の使い方を
具体的に説明します。

 

印刷されたパソコン本を見ますと、本文の冒頭からパソコン本体の各部の
名称やISP(インターネット・サービス・プロバイダ)との契約、インターネット
接続の方法などを説明していますね。

 

このブログでは、そうした説明は省略します。

 

あなたは、既にこのブログにたどりついています。

 

つまり、そうした手続きは完了しているのですから、余計な説明は
時間の無駄です。

 

余計なことには時間はかけたくないですよね。

 
 
では、始めます。

 

コントロールキーの使い方はいろいろあります。
もっともすべての使い方を知っているわけではありません。

 
 
私は自分で身につけたことしか説明できません。その点はご了解ください。
今後も同様です。

 
 
コントロールキーの使い方いろいろ

 

<1> コピー・アンド・ペースト
 コピー・アンド・ペースト、いわゆるコピペです。

    

コピペの方法にはマウスの右クリックを使う方法もありますが、
今回は、コントロールキーを使った方法を試してみます。

 

まず、マウスでコピー元の文章の範囲を決めます。

 

例えば、コントロールキーの使い方をコピペすることにします。

CTRL(以下「コントロールキー」)を押しながら、マウスの左側で、
コントロールキーの使い方の(コ)から最後の(方)までドラッグ
(途切らさずにポインタを滑らせる)します。
左クリックで行います。

 

次に、コントロールキーを押したまま、アルファベットの(C)を反転している
コピー元を同時に押します。

 

その後、コピー先に貼り付けるために、コントロールキーを押したまま、
今度はアルファベットの(V)を押し下げれば完成です。

 

 簡単ですよね!

 

コントロールキー+C で コピー

 

コントロールキー+V で 貼り付け(ペースト)

 

と覚えてください。

 

「習うより慣れよ」で、すぐに指が覚えてしまいますよ。頭で考えるより、
体に覚えさせたほうが身につきます。自転車や自動車の運転と同じです。

 

このコントロールキーとCとVを併用してコピペする方法を身につけますと、
長文の引用をする時などに大変重宝します。ご活用ください。

 

今日はここまでです。お疲れ様でした。

 

藤巻隆(ふじまき・たかし)

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー