Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » サラリーマン再起動マニュアル » 『サラリーマン再起動マニュアル』(36) 新・大前研一名言集(183)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『サラリーマン再起動マニュアル』(36) 新・大前研一名言集(183)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『サラリーマン再起動マニュアル』(36)

大前研一さんは、私にとってメンターでもあり、
グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、
物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、
不断の努力を怠らず、一歩でも彼に近づきたい、
と思っています。

 

サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館 
ISBN978-4-09-379454-1 

 

 


目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、
            きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある

第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 


 旧大陸企業と新大陸企業では、コミュニケーションの

 方法が根本的に違う。

 旧大陸企業は、数字がコミュニケーションの基本である。

 たとえば「売上高1000億円を目指す」「3%コスト

 ダウンする」といった具合である。まず数字を示して

 目標を立て、その目標に到達するための行動計画を作り、

 それに必要なヒト、モノ、カネを手当てしていく。

 数字がすべての物差しになっている。
 
 一方、新大陸はデジタル社会であり、見えない世界である。

 見えない世界は数字にならない。たとえば、デルのマイケル・

 デル会長が1984年に同社を創業した時、数字の目標は

 あったのか? おそらくなかったと思う。まず、消費者に

 選択肢をほとんど与えていなかった既存のパソコンメーカー

 に対する憤りがあって、それなら消費者から電話(現在は

 インターネット)で直接注文を受けてテーラーメードの

 パソコンを提供すればいんじゃないか、と考えたのである。

 これは「発想」と「コンセプト」であり、「数字」ではない。


 

  
                      (今日の名言 36  483)

 

旧大陸企業と新大陸企業の違いを具体的にかつ分かりやすく
説明していますので、理解しやすいと思います。

他の著作でも何度も取り上げられている3つのコンセプトは、
あなたもよくご存知のように「ボーダーレス」「サイバー」
「マルチプル」
です。

新大陸はこの3つのコンセプトが特徴となっている、
ということです。

いつも思うことですが、大前さんは物事の本質をキーワード
で表現し、分かりやすく解説してくれので、私のような
凡人でも理解することができます。

大前さんのように本当に頭のいい人は、難しそうな内容を
平易な言葉に置き換えて説明することができます。

相手に理解してもらわなければ意味がない、と認識している
からです。

この点は、大いに見習い、ものを書く時や、言葉で説明する
際に、意識していきたいと考えています。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー