Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » P・F・ドラッカー » 『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (16) 言葉の迷宮(156)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (16) 言葉の迷宮(156)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『ネクスト・ソサエティ』(16)

 

 

ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。

 


 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没


 

 (「著者紹介」から)

 


 ? 21世紀最大の不安定化要因は何か?

 ――何といっても人口構造の変化である。

 ただし、先進国における最大の問題は高齢化ではない。

 少子化のほうである。人口の水準維持に必要な出生率

 2・2を超える国は、先進国ではアメリカだけだ。

 しかし、それも子供4人が当たり前のラテン系のおかげ

 である。 
    
                     (P.222)

         (046-1-0-000-472)


 

 


 変動相場制は、おそるべき通貨の不安定化を

 もたらす一方において、膨大な世界通貨を

 生み出した。この世界通貨は、グローバル経済

 とその通貨市場以外の場には存在しない。

 それは、投資、生産、消費、貿易などの経済活動

 ではなく、通貨取引によって生み出される。

 価値の尺度、富の蓄積、交換の手段など、

 いかなる通貨の定義にも当てはまらない。

 いかなる属性ももたない。それは現実の通貨では

 なく、いわばバーチャルな通貨である。

 しかし、その力は本物である。あまりに膨大な

 ために、一国への出入りそのものが、金融、

 貿易、投資にともなう通貨の流れよりもはるかに

 大きなインパクトを与える。1日で、全世界が

 貿易と投資において1年間に必要とする額を

 取引する。経済的な機能をもたないがゆえに、

 まったく自由に移動する。トレーダーがクリック

 するだけで、数十億ドルが通貨から通貨へと

 移動する。通貨としてのいかなる経済的な機能

 ももたず、金融上のニーズも満たさないがゆえに、

 経済の論理に従うことがない。移り気であって、

 噂や予期せぬことによって簡単にパニックに陥る。

            
                     (PP.234-235) 

          (047-1-0-000-473)


 

 


 国際貿易理論は貿易に投資が続くことを当然
 
 としてきた。また多くの人が貿易とは財の貿易

 のことと思ってきた。しかし、今日では投資に

 貿易が続いている。しかも財の移動よりも

 サービスの移動がグローバル経済の駆動力

 となっている。

 第二次大戦後、財の貿易はいかなる時代よりも

 急速に伸びた。しかし、金融サービス、経営コン

 サルティング、会計、保険、小売りなどのサービス

 の貿易のほうがさらに伸びている。かつてこの

 サービス貿易は統計さえとられなかった。

 ところが今日では、サービス輸出はアメリカの

 全輸出の4分の1を占め、唯一の黒字の稼ぎ手

 となっている。このサービス貿易は貿易理論に

 従わない。そのほとんどがレートの変動と関係

 がない。レートに敏感なのは旅行業だけである。

                      (P.240)

          (048-1-0-000-474)


 

 


1日の通貨取引の量はどのくらいなのでしょうか?

ただし、実需の通貨取引(貿易や旅行代金の決済など)
よりも、ドラッカーが言うように、バーチャルな通貨取引
のほうが圧倒的に多いことは間違いありません。

さっそく、調べてみました。
国際決済銀行(BIS)による統計数値です。

 

外国為替市場
外国為替市場 Wikipedia から

 

国別で見ると、英国が1位でした。
私はてっきり米国だと思っていました。
確かに、外国為替取引における通貨は、
米ドルが1位ですが、取引の多くは英国で
行われているということですね。

日本の外国為替取引額は、英国の7分の
1くらいです。

全世界で1日に外国為替取引が行われる総額は、
英国の数値を参考にすれば、約6兆6650億ドル
(2兆7260億ドル/40.9%)ということになります。

ものすごい金額ですね! 1日当たりですからね。

「銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引
およびスワップ取引に分かれる」
(上記ウェブサイト から)
ということです。

ドラッカーが言う「現実の通貨ではなく、いわば
バーチャルな通貨である」とは、このような外国為替
取引のことを指しています。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー