Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » サラリーマン再起動マニュアル » 『サラリーマン再起動マニュアル』(34) 新・大前研一名言集(181)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『サラリーマン再起動マニュアル』(34) 新・大前研一名言集(181)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『サラリーマン再起動マニュアル』(34)

大前研一さんは、私にとってメンターでもあり、
グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、
物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、
不断の努力を怠らず、一歩でも彼に近づきたい、
と思っています。

 

サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館
ISBN978-4-09-379454-1
 

 

 


目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、
            きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある

 

第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 


 プレゼンとは、データに基づいてすべてを自分の頭で

 組み立て、トップが最後はどう意思決定すればよいのか

 ということを、ひと言でいわなければならない。

 だから、解説者が出てきたらテレビの音をオフにして、

 自分がもし解説者席に座っていたらどう答えるのか、

 と考えたり、自分が社長ならどう考えるのが正しいのか、

 トップの視点で考える訓練を平素から積んだりしておく

 ことが必要なのだ。

                      (今日の名言 34  481)

 

シミュレーションしてみることが必要だということでしょう。
これは何もプレゼンに限った話ではなく、社会人であれば、
その場その場で結論を出さなくてはならないケースに、
毎日のように出くわします。

そうした場合、シミュレーションを日頃からしていると、
いくつもの選択肢からその場で的確な結論を導き出す
ことが可能になります。

プレゼンはすめばそれで終わりかといえば、それは違います。
自分で実践できなければ絵に描いた餅です。
理論だけにすぎません。自分の考えが正しいと思うので
あれば、実証しなければなりません。

私は「提案する人」、あなたは「実行する人」では通りません。

「プレゼンしたお前を担当にするから、プレゼンしたことを
実証してみろ」と言われたら、引き受ける覚悟が必要です。

あなたにはその覚悟がありますか?

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー