Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 第3回 スロー・リーディング(遅読)による鑑賞  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

第3回 スロー・リーディング(遅読)による鑑賞  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

スロー・リーディング(遅読)と
ファースト・リーディング(速読)

第3回 スロー・リーディング(遅読)による鑑賞

最終回は、実際の小説の一節を題材に、
平野啓一郎さんによる、「読み方」の実例を
ご紹介します。

こんな読み方があるのか、と感心すると同時に、
本来、本を読むとはこうしたプロセスが大切な
のだ、と思い知らされました。

 

明治の文豪と言えば、夏目漱石と森鷗外が双璧
ですが、現代でも文豪と言えば、漱石と鷗外の
名が挙がります。

つい最近、「朝日新聞」で夏目漱石の『こころ』
が連載されたそうですね。家内は、新聞ではなく
文庫で読んだそうです。私は読んでいません。

 

鷗外に関して思い出すことは、高校生頃だった
と思いますが、鷗外について書かれたエッセイの
内容の一部と、その本に書いてあったかどうか
定かではありませんが、印象に残っている一節が
あります。

『鷗外―闘う家長』(山崎正和 河出書房新社
1972年)という本です。42年前に出版されま
した。

 

鷗外―闘う家長

 

鷗外は、ご存じのように作家であり、軍医でも
ありました。非常に厳格な人だったようです。

家の内でも外でも、その点では一貫していたよう
です。

思い出す一節は、どのような文脈であったのか
覚えていませんが、「無臭が一番いい」という
ものでした。

整髪料であれ、もちろん体臭であれ、無臭が一番いい、
と書いてあったことが、特に、印象に残っています。
鷗外らしいと思いました。

他に鷗外に関して覚えていることは、『即興詩人』
(アンデルセン)の訳書がありますが、この訳書は
原作以上に高く評価されたということです。
鷗外の作家として、また翻訳家としての力量が、
遺憾なく発揮されたといったところでしょうか。

 


 文豪森鷗外による典雅な擬古文訳で名高く、

 「原作以上の翻訳」と評された。

 鷗外は本作をドイツ語訳で読んで

 「わが座右を離れざる書」として愛惜していた。


 

 即興詩人 Wikipedia から

 

さて、平野さんはオウ外の『高瀬舟』を題材に
平野流「読み方」を子細に語っています。

まず、平野さんの要約の部分を含め、
読んでみましょう。

 


 庄兵衛は、高瀬舟で護送している喜助が、

 罪人であるにもかかわらず、いかにも

 晴れやかな、「遊山船にでも乗ったような」

 顔をしていることをずっと不思議に感じて

 いる。大抵の罪人は、高瀬舟では「目も当て

 られぬ気の毒な様子」をしているものである。

 そこで、庄兵衛はその理由を尋ねてみる。

 (中略)

 喜助の答えは、まずこうだ。自分は今日まで

 ずっと、ひどく貧しい暮らしをしてきたが、

 遠島の刑とはいえ、生活費として鳥目二百文

 をもらえた。二百文は些細な額だが、自分に

 とってはこれまで手にしたことのない額で、

 それがうれしいと。庄兵衛は、その心情に

 理解を示しつつも、喜助の欲のなさ、「足る

 ことを知っている」ことをやはり不思議に感ずる。

 (中略)

 庄兵衛が感動したのは、喜助が欲望の増進に

 対して、極自然に踏み留まることを知っていた

 からだ。その事実に気づいた庄兵衛は、「喜助の

 頭から豪光(ごうこう)がさすように思った」。


 

  (『本の読み方 スロー・リーディングの実践』 PP.123-125)

 

三島由紀夫の再来と言われた平野さんは、ここで
三島由紀夫の鷗外評を紹介しています。

 


 文庫(「高瀬舟」(ちくま文庫)『森オウ外全集(5)』

 252-255ページ を例に取っています 註:藤巻隆)

 にしても4ページほどの短い場面だが、ムダのない、

 それでいてゴチャッと詰め込んだ感じもない、極め

 て端正で、悠々たる文章だ。三島由紀夫は、この

 魅力を「?外の味」と呼んだが、確かにこの妙味は、

 一度知ると、ちょっとやみつきになる類のものだ。

 (中略)

 鷗外は漱石と違い、言葉の使用に関してかなり厳格

 なので、見慣れない使用法が出てきたときは、丹念に

 辞書を引いておくと、語源も含め、様々な言葉の教養

 が身につけられるはずだ。


 

  (上掲書 PP.130-131)

 

注目すべきことが、2つ、指摘されています。
1つは、三島由紀夫も鷗外を高く評価していたことで、
もう1つは辞書を引くことを煩わしく思わないことです。

スロー・リーディングにおいて、辞書を引くことは重要な
意味を持ちます。もちろん、インターネットで検索しても
よいと思います。インターネット辞書がありますから。

鷗外は、普段の仕事や生活だけでなく、「作品」の中での
言葉の使用法にも厳格な人だったのですね!

『高瀬舟』のテーマの一つは、「安楽死」です。
兄が、病気になった弟が自殺を遂げることが
できず、望んだ死を手助けすること
(現代の法律では自殺幇助)――それが「安楽死」
を意味しています。

 

平野さんはこのようにも書いています。

 


 大切なのは、小説を奥へと読み深めていく

 イメージだ。


 

  (上掲書 P.135)

 

さらに、平野さんの深読みは続きます。

 


 自殺未遂の現場を発見した後の兄弟の

 やりとりは、簡潔だが、その分、読者

 の想像力を刺激するものとなっている。

 このあたりは、分析的な読みよりも、

 じっくりと文章に浸って読むことのほう

 が大切だろう。スロー・リーディング

 では、もちろん、そうした言葉にできない

 感覚的な読みの部分も大きなウェイト

 を占めるはずだ。


 

  (上掲書 P.137)

 

記事がだいぶ長くなってきましたので、
最後に川端康成の『伊豆の踊子』の一節を
ご紹介して終わりにします。

日本語の大きな特徴の一つである「曖昧さ」
を象徴する場面が登場します。

さらに、川端康成自身による自作の解説も
ご覧いただきます。きっと新しい発見に
遭遇するはずです。

平野さんは、『伊豆の踊子』(新潮文庫
42-44ページ)から引用しています。
尚、番号と傍線は平野さんによるもの
です。

誰がさよならを言おうとしたのか、
うなずいて見せたのは誰か、一読して
考えてみてください。

 


 はしけはひどく揺れた。踊子はやはり

 唇をきっと閉じたまま一方を見つめて

 いた。私が縄梯子に捉まろうとして

 振り返った時、①さよならを言おうと

 したが、、それを止して、もう一ぺん

 ②うなずいて見せた。はしけが帰って

 行った。栄吉はさっき私がやったばかり

 の鳥打帽をしきりに振っていた。

 ずっと遠ざかってから踊子が白いものを

 振り始めた。


 

  (上掲書 PP.179-180)

 

さて、いかがでしたか?

平野さんはご自分で答えず、川端康成に
語らせています。

引用しているのは、川端康成「私の文学」(講談社
文芸文庫『一草一花』300-302ページ、新仮名遣い
に変更)からです。

 


 はじめ、私はこの質問が思いがけなかった。

 踊子にきまっているではないか。この港の

 別れの情感からも、踊子がうなずくのでなけ

 ればならない。この場の「私」と踊子との

 様子からしても、踊子であることは明らかで

 はないか。「私」か踊子かと疑ったり迷った

 りするのは、読みが足りないのではなかろうか。

 「もう一ぺんただうなずいた。」で、「もう

 一ぺん」とわざわざ書いたのは、その前に、

 踊子がうなずいたことを書いているからである。

 (中略)

 ところがしかし、読者の質問の手紙にうなが

 されて、質問の個所を読んでみると、そこの

 文章だけをよく読んでみると、「私」か踊子

 かと迷えば迷うのももっともだと、私ははじめて

 気がついた。


 

  (上掲書 PP.180-181)

 

川端が指摘しているように、確かに、引用した部分の
前に、「『皆まだ寝ているのか』踊子はうなずいた。」
(P.178)と書いています。

この一文の後、川端は『伊豆の踊子』の翻訳者、
サイデンステッカー氏が、踊子ではなく、「私」に
していることを披露しています。

 


 「私が」の「が」は「さよならを言おうとした」

 のが、私とは別人の踊子であること、踊子という

 主格が省略されていることを暗に感じさせない

 だろうか。それにしても、「(踊子は)さよならを

 言おうとした」の踊子という主格を省略したために、

 読者をまどわせるあいまいな文章となった。

 英訳者のサイデンステッカー氏も、「私」として

 いる。

 ”As I started up the rope ladder to the ship

 I looked back. I wanted to say good-by, but

 I only nodded again.”


 

  (上掲書 P.181)

 

川端自身も「あいまいさ」を認めているの
です。

さらに、サイデンステッカー氏も日本語の
「あいまいさ」の罠にかかったのでしょう。

日本語はしばしば主格(主語)が省略される
ので、読み違える可能性はつきまといます。

ちなみに、サイデンステッカー氏による翻訳が
優れていたため、川端はノーベル文学賞を受賞
できた、と言われました。

 

三島由紀夫の傑作と言われる『金閣寺』に
ついても、平野流「読み方」が披露されて
いますので、興味のある方は、
『本の読み方 スロー・リーディングの実践』
(平野啓一郎 PHP新書 2006年9月1日第1刷)
をご一読下さい。

 

今回のテーマに興味のなかった方には、
退屈だったと思います。

ですが、
私たちが「ブログを書く際にも」、
とても参考になるテーマだった

と確信しています。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー