Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 第2回 質の読書と量の読書  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

第2回 質の読書と量の読書  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

スロー・リーディング(遅読)と
ファースト・リーディング(速読)

第2回 質の読書と量の読書

初回は、「スロー・リーディングとは何か」、
内容を深く理解するために読むのだから、
ゆっくり読むことが大切である、などについて
お伝えしました。

2回目は、「スロー・リーディング(遅読)」と
「ファースト・リーディング(速読)」の違いは
どこにあるのか、を中心にお話します。

スロー・リーディング(遅読)と対比するために、
ファースト・リーディング(速読)という言葉を
使っていますが、スピード・リーディングという
方が実は、適切かもしれません。

ですが、スローに対するファーストということで、
「ファースト・リーディング」に統一します。

スロー・リーディング(遅読)と
ファースト・リーディング(速読)

に関する本を読み比べて、気がついたことが
3つあります。

 

1つ目は、スロー・リーディング(遅読)の本
ファースト・リーディング(速読)の本とで、
対象となる本が異なることです。

スロー・リーディング(遅読)の本には、
小説や哲学書などの紹介はありますが、
ビジネス書や自己啓発本、解説書、
ハウツー本などの紹介はありません。

一方、ファースト・リーディング(速読)の本には、
ビジネス書や、自己啓発本、解説書、ハウツー本
などの紹介はありますが、小説や哲学書などの
紹介はありません。

つまり、スロー・リーディング(遅読)
ファースト・リーディング(速読)とは、
対象となる本が異なるので、必然的に読み方も異なる
ということです。

とにかく概要を掴めばよしとする「速読」と、
細部にも神経を行き渡らせ、散りばめられた
伏線にも気を付けて読むべき「遅読」とは、
読み方が異なるのです。

 

2つ目は、ファースト・リーディング(速読)の本
速く読むための「テクニック」を身につけることに
重点を置いている、と考えられることです。

本の内容を深く理解するための方法ではなく、
字面だけを速く取り込むための手法を教えて
いるように感じます。

フォトリーディングという手法があります。

見開きページ全体をまるで写真に撮るが如く、
把握する方法を教えるものです。

要は、「テクニック」です。

Read between the lines.(行間を読む)という
言葉があります。

表面をなぞるのではなく、筆者が何を言いたいのか、
文字の背後にある真意を読むためには、速読では
不可能だと思います。考える時間が必要です。

フォトリーディングによって、見開きページ全体を
塊と捉えて、果たして行間を読むということができる
のでしょうか?

ただし、平野さんの考え方と、私の考え方とは、
少し異なります。

平野さんは、フォトリーディングなどの速読は、
確かに、速く読むためのテクニックを教えているが、
それだけではなく、むしろ「自己啓発」のために
速読することが必要なのだ、と捉えています。

 


 本書を書くにあたって、私は何冊かの「速読本」に

 目を通したが、それらは予期に反して、純粋に技術

 的な内容を紹介するというより、一種の「自己啓発」

 を目的としているものだった。いずれの本も、私たち

 の「潜在能力」を強調し、中には、速読技術を修得

 することによって、「未来を前向きにとらえる力が

 増し、人生が充実してくる」だとか、「新しい環境

 (旅先、土地、職場)への適応力が増す」などと、

 およそ速読とは関係のない効果まで約束しているもの

 もある。

 

  (『本の読み方 スロー・リーディングの実践』 PP.39-40)

 

私は、平野さんが指摘しているような本を読んだか
どうか記憶が曖昧ですが、そのような記述があった
かもしれません。

ですが、もしこのような記述があったとしたら、
「ニュー・サイエンス的な」(P.40)、あるいは
新興宗教的な雰囲気が感じられますね。

 

そして、3つ目は、スロー・リーディング(遅読)によって、
作者の意図や心理状態、時代背景などを考える必要が
あるということです。「深堀り」して読むということです。

 


 作者の立場からすると、小説であろうと、エッセイで

 あろうと、論文であろうと、基本的には、作品の一語

 一句のレヴェルから作品全体に至るまで、「こう読んで

 もらいたい」という「作者の意図」は必ずある

 それがなければ、そもそも文章は書けないからだ。

 作者の死後に公開される「創作ノート」などは、その

 物証だろう。

 

  (上掲書 P.66)

これは納得できることですね。

さらに、次の指摘にあなたはどう感じますか?

 


 ある作家のある1つの作品の背後には、

 さらに途方もなく広大な言葉の世界が

 広がっているという事実である。どの

 1つの連鎖が欠落していても、その作品は生まれ

 てこなかったかもしれない。言葉というものは、

 地球規模の非常に大きな知の球体であり、その

 ほんの小さな一点に光を当てたものが1冊の本と

 いう存在ではないのかと思う。1つの作品を支え

 ているのは、それまでの文学や哲学、宗教、歴史

 などの膨大な言葉の積み重ねである。そう考える

 とき、私たちは、本を「先へ」と早足で読み進めて

 いくというのではなく、「奥へ」とより深く読み

 込んでいくというふうに発想を転換できるのでは

 ないだろうか?

 1冊の本をじっくりと時間をかけて読めば、実は

 10冊分、20冊分の本をの本を読んだ

 のと同じ手応えが得られる。これは、

 比喩でも何でもない。実際に、その本が生まれる

 には、10冊、20冊の本の存在が欠かせなかった

 からであり、私たちは、スロー・リーディングを

 通じて、それらの存在へと開かれることとなるので

 ある。

 

  (上掲書 PP.66-67)

 

この一節を読んで、思い出したことがあります。
ある作家が「1作品を書くために、資料として
300冊以上読んだ」というようなことが書いて
ありました。

その理由は、「史実に極力忠実であろうとした
からだ」というような内容であった、と思います。

どういうことが言いたかったのかと言いますと、

 


 本当に読書を楽しむために、「量」の読書

 から「質」の読書へ、網羅型の読書から、

 選択的な読書へと発想を転換して

 ゆかなければならない

 

  (上掲書 P.27)

ことであり、

 


 記憶に残る読書、印象に残る読書のため

 には、あえてゆっくり読む、という心がけも

 重要だろう

 

  (上掲書 P.98)

 

ということです。

 

一言でいえば、スロー・リーディング(遅読)と
ファースト・リーディング(速読)の違いは、
質の読書と量の読書にある、ということです。

 

『本の読み方 スロー・リーディングの実践』は、
「本の読み方」について書かれた本ですが、
そこは作家ですから、「文章の書き方」についても
言及しています。

 


 ちなみに、文章がうまくなりたいと思う人は、

 スロー・リーディングしながら、特に好きな

 作家の助詞や助動詞の使い方に注意すること

 をおすすめする。それでリズムがガラリと変わるし、

 説得力も何倍にもなる。メールのような短い文章を書く

 ときにも、助詞や助動詞への配慮は、相手への印象を

 まったく違ったものにするだろう。

 

  (上掲書 P.61)

 

助詞や助動詞への配慮は、ブログを書く場合にも当てはまる
ことですね。私もこれからは、助詞や助動詞の使い方に気を
配っていこうと思います。

 

次の言葉は決定的な表現だと思います。

 


 読者が本を選ぶように、本もまた、読者を

 選ぶのである。

 

  (上掲書 P.74)

 

本が読者に挑戦するとも言い換えられましょう。

本に、「あなたに深く理解できますか? 
いろいろなところに仕掛けが施してありますよ。
きちんと読み解いてくださいね」
と言われているように感じる瞬間があります。

読み解けたと感じられた時、ある種の快感を
味わうことができます。

 

最終回は、実際の作品で、平野さんが
「作者との対話」を通じ、作品を読み解いた
プロセスをご紹介します。

さらに、著名な作家による自作品の解説
についても取り上げます。

お楽しみに!

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー