Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » P・F・ドラッカー » 『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (08) 言葉の迷宮(148)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (08) 言葉の迷宮(148)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ネクスト・ソサエティ』(08)

ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。

 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)


 コンピュータ・リテラシーをもたないならば、

 社員から敬意を期待してはならない。

 彼らにとっては日常のことである。上司が

 コンピュータ・リテラシーをもつことを当然と

 する。私の5歳の孫娘は、もし私が、おじい

 ちゃんは電話が怖いんだよと言ったならば

 尊敬などしてくれないだろう。信頼もしてくれ

 ない。
        
                     (PP.118-119)

         (022-1-0-000-448)

 

 


 時代の変化とともに、われわれ自身が

 変化しなければならない。読み書きと

 掛け算に毛の生えた程度の最低限の

 コンピュータ・リテラシーから、情報を

 使ってものごとをなしとげるという情報

 リテラシーの域に達しなければならない。

 それは面白く価値のある挑戦である。

 われわれはそのような時代の流れの

 なかにいる。その流れは速い。

                     (P.119) 

          (023-1-0-000-449)

 


 eコマースは距離を克服するどころか

 距離を消す。eコマースでは売り手は

 どこにいてもよい。顧客は売り手がどこに

 いるかを知らない。気にかけない。そして、

 今日世界最大の書店となったアマゾン・

 ドット・コムなどのeコマースの売り手たち

 のほうも、注文がどこから来たかを気に

 しない。

                      (P.121)

          (024-1-0-000-450)

 


ここでのキーワードは、コンピュータ・リテラシー
です。さらに言えば、インターネット・リテラシーでも
あります。

リテラシーという言葉は、「能力」と訳されますが、
もう少し細かく言えば、物事を扱える「能力」の
ことです。

昨晩(2014年12月6日)、ショーンKさんがMC
を務めるJ-WAVEの「PRIME FACTOR」という番組
のなかで、面白い話を耳にしました。

電動バイク販売で日本一になった、テラモーターズ
の徳重徹社長が生出演していたのですが、ショーン
Kさんとの対談のなかで、パソコンとiPadの話が
出てきました。

徳重さんがこのような話を披露しました。
「祖父がこう言っていたのです。『iPad を使うように
なって、パソコンより操作がとても簡単でいい。
インターネットはどうやって使うんだろう?』と。
実際、iPadでネットサーフィンしていたのですが、
背後でインターネットが使われていることに
気づいていないのです。

高齢者の中には、『インターネットはどこで売って
いるのだろう?』という人もいます」。

笑い話ではなく、そうした疑問を抱く人がいても
不思議ではない、と思っています。

少なくとも、インターネットを意識せずに使えて
いることは、素晴らしいことだ、と思います。

あなたはこの話を聞いてどう思いましたか?

藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-
人気のブログランキング

こちらのブログもご覧ください!

こんなランキング知りたくないですか?

中高年のためのパソコン入門講座(1)

藤巻隆のアーカイブ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー