Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » サラリーマン再起動マニュアル » 『サラリーマン再起動マニュアル』(15) 新・大前研一名言集(162)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『サラリーマン再起動マニュアル』(15) 新・大前研一名言集(162)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『サラリーマン再起動マニュアル』(15)

 

大前研一さんは、私にとってメンターでもあり、
グールー(思想的指導者)の存在でもあります。

大前さんの著作を読んでいつも感じるのは、
物事の本質を捉えるずば抜けた能力です。

凡人である私は大前さんの足元にも及びませんが、
不断の努力を怠らず、一歩でも彼に近づきたい、
と思っています。

 

サラリーマン再起動マニュアル
2008年10月4日 初版第1刷発行 小学館
ISBN978-4-09-379454-1 

 

 


目次
 [イントロダクション]志のあるサラリーマンは、
            きつい仕事を厭わない

 第1章[現状認識]なぜ今「再起動」が必要か?

 第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 第3章[実践編]「中年総合力」を身につける

 第4章[事業分析編]“新大陸エクセレントカンパニー”の条件

 第5章[メディア編]「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ

 [エピローグ]新大陸の“メシの種”はここにある

 

第2章[基礎編]「再起動」のための準備運動

 


 百聞は一見に如かず。自分の目で見てくるのと

 見ていないのでは、脳に対する刺激の質も量も

 全然違う。これこそまさに生きたお金の使い方だ。

 だから年に1回ぐらいは、自分のために

 「勉強のための海外旅行」に出かけてほしい。

 今はエアチケットもホテルも、インターネット

 予約を使えば、正規料金より、かなり割引

 されるようになっている。


 

                      (今日の名言 15  462)

 

大前研一さんは、考えるだけではなく、行動も素早い。
理論と実践とはよく言いますが、それを地でいって
いるのです。

今までに何度も言っていますが、大前さんは
「自調自考自動(自分で調べ、自分で考え、自ら
行動する)」人です。

カビの生えた理論をいつまでも後生大事にして講義
する学者や、自分は何もせずに言いたい放題でも
責任が問われない評論家とは、一線を画しています。

海外旅行に関しては、HISが、寡占状態にあった
大手旅行代理店や航空会社の牙城に風穴を開け、
旅行代金を激安価格で提供し、多くの利用者を獲得
しました。

大手旅行代理店もその流れには抵抗できず、
追随せざるを得ませんでした。

航空会社についても、LCC(Low Cost Carrier=
格安航空会社)の出現によって、旅客運賃の見直し
を余儀なくされています。

 

私個人のことをお話しますと、海外旅行には、
ハワイが2回(それぞれオワフ島とマウイ島)、
オーストラリアが1回(ポートダグラス、ゴールド
コースト、シドニー)、韓国が1回(ソウル)
です。

最初の海外旅行はハワイで、26歳頃だったと
思います。自動車ディーラーに勤務していた時、
セールスコンテストで権利を獲得し、
チーム全員(4人)でハワイ旅行を楽しむことが
出来ました。

今から30年以上も前のことです。
2度目のハワイは結婚後に家内と行きました。
オーストラリアは新婚旅行で出かけました。
ほとんど日本人がいない地域(ポートダグラス)
から、日本でもよく知られたゴールドコースト、
そして大都市シドニーとリゾートと都会を堪能
しました。

韓国には、社員旅行で出かけました。
「本場の焼肉」を食べましたが、日本の焼肉の方が
美味しかったです。韓国の店のグレードが低かった
からかもしれませんが。

若いうちに海外に複数回出かけるべきです。
日本の良い点と、劣っている点に気付くようになり
ます。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー