Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » P・F・ドラッカー » 『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (06) 言葉の迷宮(146)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (06) 言葉の迷宮(146)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『ネクスト・ソサエティ』(06)

 

 

ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。

 


 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没


 

 (「著者紹介」から)

 


 今日のCEOにもっとも必要とされるものが

 情報責任である。「どのような情報が必要か。

 どのような形で必要か」を考えることである。

 そうして初めて、情報の専門家が、こういう

 ものをこういう形で得ることができると答えて

 くれる。しかし、実はその答えさえさほど重要

 ではない。技術的なことにすぎない。

 重要なのは、「いつ必要か。誰から得るか。

 そして自分はどのような情報を出さなければ

 ならないか」という、より根本的な問題のほう

 である。 
        
                    (P.108)

         (016-1-0-000-442)


 

 


 はるか昔に、私はプロフィットセンターなる

 言葉をつくった。いまではそのことを恥ずか

 しく思う。なぜならば、社内にあるものは、

 プロフィットセンターではなくコストセンター

 にすぎないからである。プロフィットは外から

 しかやってこない。顧客が注文をくれ、

 支払いの小切手が不渡りにならなかったとき、

 ようやくプロフィットセンターをもてたといえる。

 それまでは、コストセンターを手にしているに

 すぎない。 

                    (P.110) 

          (017-1-0-000-443)


 

 


 いかなる事業であっても焦点を絞らなければ

 ならない。多角化が成功するのも情報がある

 ときだけである。

 われわれは自らの組織の外の世界、市場、

 顧客についてあまりに知らなすぎる。

 特に流通チャンネルほど早く変化するもの

 はない。報告が上がってきたころには手遅れ

 である。

                     (P.111)

          (018-1-0-000-444)


 

 


ドラッカーは、決して具体的に「こうしなさい」、
とは一言も言っていません。

なぜなら、個々の問題は各社によって異なる
からです。

ドラッカーが指摘しているのは、
根本的な問題解決への道筋です。
ドラッカーは、私に言わせてもらえれば、
進むべき正しい方向を示す「ナビゲーター」
です。

ドラッカーは、「経営者は考えなさい」と言って
いるのです。

ドラッカーの本を読む場合、各社固有の問題
解決の「答え」を求めてはいけません。

大筋の方向性を示すので、その方向で、固有
の問題を解決していくのが、正しい読み方だ、
と私は考えています。

ファーストリテイリング会長兼社長柳井正さんが、
ドラッカーの本を何度も読み返すのは、問題解決
のための「ヒント」を得るためだ、と思います。

「答え」を求めているのではない、と思います。
その理由は、「答え」が書いてあるわけではない
からです。

物事の本質とは、そうしたものだと思います。
その点が、「ハウツー本」と一線を画す理由だ、
と考えています。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー