Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » 盛田昭夫 » 21世紀へ » 『21世紀へ』(40) 言葉の迷宮(135)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『21世紀へ』(40) 言葉の迷宮(135)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『21世紀へ』(40)

 

 


国が豊かになっても、国民が豊かになっていない
のが、現在の日本です。

中国にGDP(国内総生産)で抜かれたとは言え、
日本は世界第3位です。

数十年先には、インドやブラジルなどの新興国に
抜かれる運命にあるかもしれませんが、それでも
日本は世界の上位にとどまることでしょう。

一方、国民一人あたりの所得は今後確実に低下
していくことになる、と考えています。

その理由は、少子高齢化が世界最高スピードで
進行し、高齢者(65歳以上)の比率は急激に
高まります。

この人たちのほとんどは、職に就いていません。
年金生活者です。

年金制度自体が破綻しているか、抜本的な改革
を断行しない限り、今後破綻する可能性が高い
でしょう。

若年労働者は賃金が低く、しかも非正規雇用者が
増加し続ける可能性が高いからです。

豊かさを感じることができない人たちが、
世の中に溢れかえっている姿が想像できます。

あなたは、自分の未来は明るいと感じられますか?
もしそう感じられるなら、あまりに楽観的すぎる
ように思いますが・・・・・

 


 今日になってみると、日本企業が発展を

 遂げたほどには、人々の暮らしが豊かに

 なったとはいえません。ワーカホリックと

 までいわれるほど働きながら、なかなか

 家も買えません。長時間労働で家族と

 くつろいだ時間を持ちにくいのも事実

 でしょう。欧米の企業から眺めれば、

 日本企業は個人の豊かさを犠牲にしても

 競争に勝とうとしているように見え、

 アンフェアに映るのだろうと思います。
         
                    (P.295)

         (118-1-0-000-406)


 

 


 当初は予期されていなかった、為替変動

 を投機の対象とするマネー・トレーディング

 が始まり、為替レートが各国の競争力や

 ファンダメンタルズを必ずしも反映せず、

 自動調整機能とはほど遠いところで、

 乱高下する場面が多く見られるように

 なったからです。
 
                    (P.300) 

          (119-1-0-000-407)


 

 


 為替変動は日々、大変な規模で行われ

 ている貿易取引に例外なく影響を及ぼし

 ます。それは、最終的な商品の価格にも

 はね返るわけで、消費者もその影響を

 蒙らないわけにはいきません。

                     (P.301)

          (120-1-0-000-408)


 

 

孫子の兵法前編1

 

孫子の兵法前編2

 

孫子の兵法前編3

 

孫子の兵法前編4

 

孫子の兵法後編1

 

孫子の兵法後編2

 

孫子の兵法後編3

 

孫子の兵法後編4

 

盛田氏の挑戦

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー