Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » ロウアーミドルの衝撃 » 『ロウアーミドルの衝撃』(28) 新・大前研一名言集(110)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ロウアーミドルの衝撃』(28) 新・大前研一名言集(110)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『ロウアーミドルの衝撃』(28)

 

 


「自分のことを中流」と考える日本人が、
かつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

しかし、今では上流と下流だけの二極に分化しています。
派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の大幅削減
など従業員には逆風が吹き荒れています。

そうした現状を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)
という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が
『ロウアーミドルの衝撃』です。

現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を
描けるようになりたいものです。

 


 仮に1000万人を1単位とすると、

 日本は10~12の道州に分けるのが妥当だろう。

 道州の区割りの仕方にはさまざまな意見があると思うが、

 道州がひとつの地域国家として機能するためには、

 歴史や文化に根ざした地域の一体感が必要である。

 幸い、日本にはすでに北海道、九州、東北地方、

 関東地方といった地域区分があるから、

 それをもとに人口分布や商圏としての特徴、

 将来性などを重ね合わせて区割りを考えていけばいい。


 

             今日の名言 1 〈331〉

 


 そうすると、どうしても私がかねてから提案して

 いるような11の「道」の区割りになる。

 北海道、東北道、関東道、首都圏道、北陸道、

 中部道、関西道、中国道、四国道、九州道、

 沖縄道である。

 ちなみに区割りをすべて「道」と呼ぶのは、

 日本には古代から大きな地域のまとまりを「道」

 と呼んできた歴史があるからだ。


 

   
             今日の名言 2 〈332)

 


 首都圏道は東京、埼玉、神奈川、千葉からなる地域で、

 人口3300万人余りと規模が大きいが、

 首都機能を持つ「特別区」として位置づけるべきだ

 と考えている。

 逆に沖縄道は人口が130万人ほどしかなく、

 ひとつの道にするには規模が小さい。

 しかし、古くから独自の歴史と文化を持ち、

 今後は東シナ海経済圏の中心として繁栄できる可能性

 が大いにあるので、あえて独立したエリアとして

 提案したい。


 

      
             今日の名言 3 〈333)

 

大前さんが提言する時は、いつもそうですが、
明確な基準を定め、その基準を前提にして
具体的な数字を用いて行います。

抽象論ではいろいろな解釈ができ、ポイントを収斂
させるどころか、拡散させてしまう結果になります。

そして、議論が紛糾し、挙句の果てに何もまとまらず、
時間を浪費するだけというお決まりのコースをとります。

大前さんが提示した道州制の議論も、道州制そのもの
の定義も政党や政治家個人ごとに異なり、
一向に方向性すら出てきていないのが現状です。

自民党と民主党のどちらが政権与党になろうと、
その状況に変化はありません。

私が不思議に思うのは、政治家の「勉強会」と称する
セミナーについてです。

出席する議員に議論に本気で参加する気があるのか、
首を傾げざるをを得ない事実があることです。

そのセミナー講師に大前さんを迎えることは、
大いに意義があるのですが、「勉強会」の途中で、
議員が一人二人と席を立ち、自分の選挙区へ出掛ける
ことがよくあるそうです。

形式的に「勉強会」に出席するだけで、
「勉強会」で取り扱うテーマに本気で取り組もうとする
姿勢がないのです。

そういう議員は最初から出席しないほうがよほどいい
と思いますが、いかがでしょうか?

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー