Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » 伊藤雅俊 » 『伊藤雅俊の商いのこころ』(26) 言葉の迷宮(92)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『伊藤雅俊の商いのこころ』(26) 言葉の迷宮(92)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『伊藤雅俊の商いのこころ』(26)

 

 


この本も終わりに近づいて、いよいよ核心部分に迫って
きました。

「小売業はお客様があって成り立つもの」

という当たり前のことが、時に忘れられている現実を見ると、
この言葉の重みをヒシヒシと感じます。

食品偽装問題(事件)はその典型です。

お客様の存在を忘れてしまっていた、と言われても返す言葉
はないはずです。言い訳をするのはみっともないことです。

食品偽装を長年続けてきて、担当者も経営者も感覚が麻痺
してしまったのでしょう。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ということわざがありますが、
いずれまた繰り返されるかと思うと、やりきれない思いが
募ります。

そこには、意識の上で、お客様が存在しておらず、驕りが
支配していたからではないでしょうか。

 


 お客様あっての商売が、厳しいものである

 ことは言うまでもありません。しかし、

 お客様に誠心誠意を尽くして、認めて

 いただければ、何の後ろ盾がなくても、

 卑屈になって心にもないことを言わなく

 ても、節を曲げて媚びへつらうことを

 しなくても、食べていけるのです。

 母と兄が身をもって示してくれたのは、

 商売の厳しさと同時に、商売の素晴らしさ、

 商売のありがたさでした。働きづめの生活の

 中にある、精神的に自立した自由人の生き方

 だったと思います。
 
                (PP.242-243)

         (076-1-0-000-277)


 


 私は人に縛られるのも、人を縛るのも嫌いな

 人間です。社員にもそうあってほしいと思い、

 社員を必要以上に会社に縛りつけて、会社に

 依存しなければ生きていけない会社人間に

 しないように、卑屈にならず、誇りを持って

 生きられるように心がけてきたつもりです。

                    (P.243) 

         (077-1-0-000-278)


 


 商人には、出世階段を上るサラリーマンに

 必要な頭のよさとは別の、算盤(そろばん)

 と始末と才覚が必要で、それは市場の変化

 や時代の変化を読む目と言えます。

 「始末」は倹約や節約とは違う、英語の

 マネジメントに近い合理的な精神のことです。
 

                    (P.243)

         (078-1-0-000-279)


 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー