Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » ロウアーミドルの衝撃 » 『ロウアーミドルの衝撃』(11) 新・大前研一名言集(93)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ロウアーミドルの衝撃』(11) 新・大前研一名言集(93)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『ロウアーミドルの衝撃』(11)

 

「自分のことを中流」と考える日本人が、
かつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の
様相を呈しています。

派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の
大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)
という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が
『ロウアーミドルの衝撃』です。

現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい未来像を
描けるようになりたいものです。

 


 本当にオーストラリアやアルゼンチンの牛肉を

 食べたことがある人は、神戸牛などは脂っぽくて

 食べられない。

 日本では霜降り肉が珍重されているが、

 オーストラリアではこのような肉は大理石状の

 脂肪があることからマーブルド・ビーフと呼ばれ、

 「脂肪の含有量が多すぎて健康被害がある」

 という理由で販売が禁止になっているほどだ。


 

              今日の名言 1 〈280〉

 


 オーストラリアに行ったときに、現地で

 「日本向けにアスパラを栽培している」という

 話を聞いたので、どこが輸入しているのか

 調べたところ、じつは北海道のホクレン

 (ホクレン農業協同組合連合会)だった。

 アスパラだけでなく、北海道産のジャガイモや

 ブロッコリーも、実際はオーストラリアから

 来ていたのである。


 

              今日の名言 2 〈281〉

 


 日本のアサリは実際はほとんどが北朝鮮産で、

 「畜養」といって、日本の干潟にしばらく

 埋めてから掘り出せば国産表示になる。

 「北朝鮮産」と正直に表示すれば日本人が

 ソッポを向くだろうと考えて、こんな手の

 かかることをやっているわけだ。


 

              今日の名言 3 〈282〉

 

日本人は、「国産」という表示にこだわる。
ところが、大前さんが指摘しているようなことが
実際に行われていると知ると、「国産」とは一体
何なのか、分からなくなります。

食品偽装問題(事件)が年初に明るみになりました。
一流ホテルやレストラン、デパートで長年にわたって
食品偽装が“慣例”となっていました。

食品偽装事件が発覚後、毎日のように経営トップが
記者会見を開きましたが、開き直っていましたね。

TPP(環太平洋経済連携協定)は、まだ締結して
いません。

日米の綱引きが行われていますが、いずれ、日米両国
の産業界に大きな打撃を与えない範囲を検討し、
落とし所を模索しているところでしょう。

「一件落着」となるのでしょうか?

最終的には、日本は米国の要求を飲まざるを得ない、
と考えていますが、あなたはどう思いますか?

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー