Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » ロウアーミドルの衝撃 » 『ロウアーミドルの衝撃』(8) 新・大前研一名言集(90)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ロウアーミドルの衝撃』(8) 新・大前研一名言集(90)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『ロウアーミドルの衝撃』(08)

 

 

「自分のことを中流」と考える日本人が、
かつて多く存在しました。私自身もその一人でした。

しかし、いまや上流と下流だけといった二極分化の
様相を呈しています。

派遣社員の首切り、正社員の激減、給与、賞与の
大幅削減など従業員には逆風が吹き荒れています。

そうした現況を踏まえて、ロウアーミドル(中流以下)
という概念を示しつつ、生き抜く指針を提示している本が
『ロウアーミドルの衝撃』です。

現実から逃避せず、現実を直視し、少しでも明るい
未来像を描けるようになりたいものです。

 


 今、世界は調達競争の時代になっている。

 アメリカではディスカウントストアが自ら、

 その商品が世界でもっとも質が良く、

 なおかつもっとも安いところをリサーチし、

 直接調達してくる仕組みを作り上げている。

 中間業者なしで店頭に出すから、

 製造原価の二倍の価格設定でも利益が

 ちゃんと出る。

 アメリカではこうした流通革命の過程で、

 厳しい企業淘汰が起こった。


 

              今日の名言 1 〈268〉

 


 消費者の購買意識・行動が変わり始めたとはいえ、

 いまだに多くの人が日本の構造変化に気づかずに

 いるのが現状だ。

 収入が減り、負担が増え続ける生活者自身こそが

 すぐにでも意識を改革し、人生の戦略を立て直さ

 なければならないのである。


 

              今日の名言 2 〈269〉

 


 日本人の九割が「自分は中流クラス」と思っている

 ように、日本人は長い間、総中流社会の横並びの

 価値観の中で生きてきた。

 そのため、自分で自分なりの人生の価値観を築く

 ということをしてこなかった。

 年功序列でしだいに地位も給料も上がるという前提が

 崩れ、「もしかすると一生、今のままロウアーミドル

 で終わってしまうかもしれない」という不安に

 苛なまれているのである。


 

              今日の名言 3 〈270〉

 

グローバル企業の多くは、原材料や部品は世界中で
最も安いところから調達することは常識になっています。

マクドナルドは、例えばマックポテトの原材料を世界最低
価格を提示する企業を選び出すシステムを稼働させています。

実際のところ、ハンバーガーよりマックポテトのほうが
儲かるのです。セット価格にする意味はそこにあります。

話は変わりますが、「茹でガエル」になってはいけません。

ぬるま湯につかっていると、気持ちが良いため、周囲の環境が
変化していることに気づかず、気づいた時には手遅れになり、
茹で上がってしまう、という状況を示しています。

私は、「タコツボ」現象ではないかと思っています。
外界との関わりを絶ち、自分が属する組織の人間としか
付き合わないことを言います。

発想が似通ってきて、新しい視点や発想が生まれにくく
なってきます。

そうした状況が続くと、企業や組織は活力を失い、衰退へ
向かっていきます。

異文化や異業種、異なる発想の人たちと意識的に接すること
を心がけることで、「茹でガエル現象」や「タコツボ現象」
を食い止めることができます。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー