Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » 伊藤雅俊 » 『伊藤雅俊の商いのこころ』(23) 言葉の迷宮(89)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『伊藤雅俊の商いのこころ』(23) 言葉の迷宮(89)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



 

『伊藤雅俊の商いのこころ』(23)

 

 


伊藤さんの言葉は、心の奥から発せられる魂の声の
ように感じます。

伊藤さんが書いていることを「古い」と感じた人に、
私は問いたい。

新しいことがすべて正しいのですか、と。

原理原則は、人が変わろうと、時代が変わろうと、
不変です。表現の仕方は変わることがあるかも
しれませんが。

信用の大切さを強調されていますが、商人から信用を
抜いたら何が残るでしょう。

個人でも同様です。信用を得るには、長い年月を要します。
その一方で、失うのは一瞬です。

一度失った信用は、そう簡単に取り戻すことはできません。
このことはしっかり肝に銘じておきましょう。

もちろん、自分に言い聞かせています。

 


 日本とヨーカ堂グループの将来を担う人々

 には、人と時代がどんなに変わろうとも、

 創業の初心を忘れず、謙虚に、何より

 一番大切な人間的なものを失わずに、

 これからの困難な時代に立ち向かって

 ほしいと願ってやみません。 

                    (P.229)

         (067-1-0-000-268)


 


 小売業には、商品を仕入れて代金を支払う

 までの期間と、その商品を売って代金を

 回収する期間の時間差によって生じる

 「回転差資金」という言葉があります。

 ヨーカ堂も「回転差資金」に依存した時期

 がありましたが、創業以来、現金仕入れに

 徹し、支払いの期日があるお金を自由に

 使える資本と考えたことはありません。 

                    (P.234) 

         (068-1-0-000-269)


 


 ヨーカ堂の歴史はヨーカ堂を信用して

 くださった多くの人々によってつくら

 れたものです。信用の大切さはどれだけ

 強調してもしすぎることはありません。

 資本の大切さが繰り返し強調される時代

 だからこそ、無味乾燥な響きのある

 「資本」という言葉より、「元手」という

 言葉の持つ豊かな響きを大切にしたいと

 思います。

                    (P.235)

         (069-1-0-000-270)


 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー