Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » 50代からの選択 » 『50代からの選択』(20) 新・大前研一名言集(82)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『50代からの選択』(20) 新・大前研一名言集(82)  藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント

 

『50代からの選択』(20)

私は6月末(2009年)で54歳になりました。
その意味で、このタイトルの本は自分の半生を
振り返る機会を与えてくれた本ですし、
後半生を生き抜いていくためのよすがともなりました。

「人生とは何ぞや」をご一緒に考えてみませんか。

『50代からの選択』(初版 2004年11月10日
集英社)は、<ビジネスマンは人生の後半に
どう備えるべきか>というサブタイトルが示すように、
自分の人生を真剣に考えるきっかけを与えてくれます。

50代のかただけではなく、実は20代、30代、
40代のかたにも読んでいただきたい本です。

 


 僕の人生は、「ああ、しあわせな人生だった」

 と悔いを残さずに死ねるような生き方をしたい、

 ということ。

 感動するようなきれいな場所で、

 「ああ、しあわせだった」と死にたいものである。


              今日の名言 1 〈244〉

 


 退職時に奥さんから離婚を切り出されたら、

 それはもう自分に甲斐性がなかったということで、

 奥さんの勤務評定を潔く受け入れるしかないだろう。

 オレのことはだれが看取ってくれるんだ、

 介護が必要になったら、どうする?などと

 取り乱してはいけない。

 奥さんは看護師でもなければ介護士でもないのだから、

 そういうことは金を出してだれかを雇うか、

 国の制度を利用するしかない。

 そのぐらいはあきらめなくては。

 相手が結論を出しているのだから、素直に受け入れ、

 気持ちを切り替えて、男同士のつきあいを拡げていく

 しかないだろう。

 奥さんは気づいていないだろうが、

 このぐらいの年になると、意外にも、男は、

 男の仲間といるのが一番楽しいものだ。

 僕も、何日も一緒に過ごしていても何時間話をしても

 飽きないヤツがいる。

 自由で身軽になった男は、輝いて見えるはずだから、

 また新しい出会いがあるかもしれない。

 ここは元気に前向きに生きていくしかないだろう。


              今日の名言 2 〈245〉

 


 50代の人には、ぜひ『マイライフ』を

 読むことをお勧めしたい。

 読んだら『マイライフ』の自分バージョンを

 書いてみるといい。

 クリントンみたいに900ページも書かなくて

 いいから、9ページでいいから、書いてみるといい。

 そして、自分の『マイライフ』が書けたら、

 そこから今後30年間の「マイライフ・インザ

 フューチャー」について考えてみよう。

 そのとき、自分がどうなりたいかを強く強く思う

ことが大切だ。

 松下幸之助さんと稲盛和夫さんは、

 共通して「願望持たな、あきまへんで」

 と言っている。

 成功したいと思ったら、強い思いを、

 持たなくてはいけません、と、

 そればかりを言っているのだ。

 50歳であなたの『マイライフ』を書き、

 「マイライフ・インザフューチャー」に強い思い

 を持つ。

 そうすれば、あなたは死ぬときに、

 「ああ、オレの人生は良かった」

 「すべての人に感謝したい」と言う思いを

 残せるのではないか。


              今日の名言 3 〈246〉

 

「諦観」、前向きな諦めが必要な時期がある、
と大前さんは言っているのだと解釈しています。

定年と同時に、奥さんから三下り半を突きつけられ、
家も財産も持っていかれた、という話を聞いたり、
記事を読んだことがあります。

それが現実なのかもしれません。

ですから、どんなことがあってもうろたえては
いけません。

哲学書や宗教書を読んでみることは、後半生を
どう生きるかというテーマを考える上で、決して
無駄なことではないと思います。

男性はいざとなると、女性より弱いので、心を
鍛えることは必須なことになってきます。

あなたは、自信がありますか?
私は、半々です(苦笑)。

 

マイライフ クリントンの回想 MY LIFE by Bill Clinton 上

マイライフ クリントンの回想 MY LIFE by Bill Clinton 下

 

『50代からの選択』は今回をもって終了します。
長い間おつきあいくださりありがとうございました。

次回からは、

ロウアーミドルの衝撃

の中から名言を取り上げます。

ご期待ください! 

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー