Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » カーマイン・ガロ » 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(24) 言葉の迷宮(65) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(24) 言葉の迷宮(65) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(24)

 

 


英語の諺に Practice makes perfect.
(練習は嘘をつかない)があります。

どのような分野の人でも、一流と言われる人は、
練習、練習、練習、練習、練習を続けている、
ということになりますね。

一流になれる目安は1万時間という話が出て
きます。

これは、threshold(スレッシュホールド=閾値、
しきち又はしいきち)ではないか、と思います。

閾値というのは、デジタル大辞典によれば、
「ある反応を起こさせる、最低の刺激量」
となっています。

ダニエル・レヴィーンがいうところの1万時間が、
まさしく、その閾値だと思うのです。

1万時間に到達するまで練習しなければ、
突き抜けた存在にはならないと思います。

 


 プレゼンテーションを「生き生きとさせる」

 には練習が必要である。このことさえ原則

 として受け入れれば、一歩抜きんでた

 プレゼンテーションができるようになる。

                    (P.317)

         (070-1-0-000-193)

 


 神経科学の専門家でミュージシャンでもある

 ダニエル・レヴィーンは、1万という数字が

 ポイントだと言う。

 「そのような研究から明らかになったの

 ですが、どのようなことであれ、世界的な

 達人というレベルまで熟達するには1万時間

 の練習が必要なのです」 

                    (P.318)

         (071-1-0-000-194)

 


 研究でも確認されているように、生まれながら

 の達人など存在しない。逆に圧倒的な努力を

 惜しまなければ、世界トップクラスのコミュニ

 ケーターと同じレベルに到達することは可能

 なのだ。

    
                    (P.321)

         (072-1-0-000-195)

 


ぜひ、以下の2冊を読んでいただきたいと思います。
ジョブズの生き方、考え方がよく分かります。

 

 

 


Stay hungry. Stay foolish. この有名な言葉は、
2005年のスタンフォード大学の卒業式のスピーチで、
使われました。この言葉が出てくるのは、
動画の最後です。

 


本著のタイトルになっている、「驚異のプレゼン」前編です。

 


本著のタイトルになっている、「驚異のプレゼン」後編です。

 


Steve Jobs – Inspirational Speech
“If today were the last day of my life”

 


Tribute to Steve Jobs Think Different

 


Secret to Manifest Money & Success In Your Life –
Tyler Perry, Will Smith, Steve Jobs, Donald Trump

 


What You Can Learn From Steve Jobs
著者、カーマイン・ガロが自ら語っています。

 


Apple (unreleased) Think Different ad –
Narrated by Steve Jobs (1997)
この動画では、ナレーションはジョブズです。

 


スティーブ・ジョブズ・ 2009年9月・さよなら・英語&日本語・同時字幕
来日時のスピーチです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー