Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » カーマイン・ガロ » 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(20) 言葉の迷宮(61) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(20) 言葉の迷宮(61) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ



キャンペーン

 

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(20)

 

 

この本は一度読みましたが、その時は
読んだつもりで、実際には、読み飛ばしていた
のでしょう。

頭に残っていない個所が非常に多かった、と
ブログのために読み直してみて、感じました。

プレゼンのためだけの本ではなかった
のですね。

心理学、経済学、歴史、数学、認知科学などの
情報が提示され、とても役に立っています。

ブログを書くことによって、知識の整理と再確認
を行っている途中です。

当たり前といえば当たり前のことですが、
プレゼンにしても、文章を書くにしても、
相手(人)に向かって行うという基本を、
いつでも忘れてはいけない、と思いました。

 


 製品やアプリケーションには山のような

 メリットと機能が用意されているが、

 ジョブズはそのひとつだけに焦点を当てる

 ことが多い。映画の予告のようなものだと
 
 思えばいいだろう。さわりだけを見せ、

 もっと知りたかったら本編を見ろという

 わけだ。

                    (P.255)

         (058-1-0-000-181)

 


 人はものごとを目から吸収する人、耳から吸収

 する人、体から吸収する人の3種類に分けら

 れるが、デモを使うと、3種類すべての人と

 つながりを持つことができる。
 

                    (P.261)

         (059-1-0-000-182)

 


 目から吸収する人。40%ほどの人がこのタイプで、

 ビジュアル性が高いほど情報をよく記憶できる。

 このタイプには、スクリーンにたくさんの文字を

 詰めこまないことが重要だ。

 耳から吸収する人。20%から30%の人がこの

 タイプで、個人的な話や生き生きとした実例

 を出してキーメッセージをサポートすること。

 体から吸収する人。やってみたり動いてみたり、

 触ってみたりして学ぶ人だ。このタイプの人は

 じっと聞くのが苦手で飽きやすい。対策として

 は、体を動かす何かを組み込んで飽きさせない

 ようにする。
    
 
                    (P.262)

         (060-1-0-000-183)

 

ぜひ、以下の2冊を読んでいただきたいと思います。
ジョブズの生き方、考え方がよく分かります。

 

 

 

Stay hungry. Stay foolish. この有名な言葉は、
2005年のスタンフォード大学の卒業式のスピーチで、
使われました。この言葉が出てくるのは、動画の最後です。

 

本著のタイトルになっている、「驚異のプレゼン」前編です。

 

本著のタイトルになっている、「驚異のプレゼン」後編です。

 

Steve Jobs – Inspirational Speech
“If today were the last day of my life”

 

Tribute to Steve Jobs Think Different

 

Secret to Manifest Money & Success In Your Life –
Tyler Perry, Will Smith, Steve Jobs, Donald Trump

 

What You Can Learn From Steve Jobs
著者、カーマイン・ガロが自ら語っています。

 

Apple (unreleased) Think Different ad –
Narrated by Steve Jobs (1997)
この動画では、ナレーションはジョブズです。

 

スティーブ・ジョブズ・ 2009年9月・さよなら・英語&日本語・同時字幕
来日時のスピーチです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー