Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » カーマイン・ガロ » 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(19) 言葉の迷宮(60) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(19) 言葉の迷宮(60) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(19)

 

 

ジョブズは、超一流のコミュニケーターであった
ことに、異論はないでしょう。

私はこの他に、ジョブズは超一流の心理学者
であったことを付け加えたい。

コミュニケーションは、人対人で行うもので、
人対機械ではないという意味です。

人間には感情があります。その感情に訴えかけ、
惹きつけるには、心理学に精通していることが、
絶対に必要です。

太平洋戦争当時、山本五十六連合艦隊司令長官
はこういう言葉を残しています。
人の使い方の心得を述べたものです。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、
褒めてやらねば、人は動かじ」
(まず、手本を示し、やり方を説明し、やらせて
みて、褒めてやらないと、人は行動してくれない)

 


 プレゼンテーションでは、つい、自分や自分の

 製品についてばかり話しがちだ。裏方として

 努力してくれた人々への一言を忘れないこと。

 そうすれば顧客には誠実な人だと思ってもらえ 

 るし、大勢の前で感謝された社員や同僚は今

 まで以上に一生懸命仕事をしてくれるように

 なる。

                 (PP.239-240)

         (055-1-0-000-178)

 


 ジョブズはデモを中心に必ずと言っていいほど

 プレゼンテーションに小道具を使う。優れた

 コミュニケーターはすばらしいデモを行うもの

 だと、ガイ・カワサキも『ザ・マッキントッシュ・

 ウェイ(The Macintosh Way)』で指摘している。
 

                    (P.246)

         (056-1-0-000-179)

 


 すばらしいデモには以下のように5つの共通点

 があると(ガイ・)カワサキは言う。

 短い。よいデモは聴衆の聞く気をくじかない。

 シンプル。よいデモはシンプルでわかりやすい。

 魅力的。よいデモは「注目の機能を見せて他社

 の製品との差別化を行う」

 軽快。よいデモ進行が速い。

 実質的。よいデモは、聴衆が抱えている現実

 世界の問題をその製品が解決してくれることを

 はっきり示す。 
   
 
                   (PP.246-247)

          (057-1-0-000-180)

 

ぜひ、以下の2冊を読んでいただきたいと思います。
ジョブズの生き方、考え方がよく分かります。

 

 

 

Stay hungry. Stay foolish. この有名な言葉は、
2005年のスタンフォード大学の卒業式のスピーチで、
使われました。この言葉が出てくるのは、動画の最後です。

 

本著のタイトルになっている、「驚異のプレゼン」前編です。

 

本著のタイトルになっている、「驚異のプレゼン」後編です。

 

Steve Jobs – Inspirational Speech
“If today were the last day of my life”

 

Tribute to Steve Jobs Think Different

 

Secret to Manifest Money & Success In Your Life –
Tyler Perry, Will Smith, Steve Jobs, Donald Trump

 

What You Can Learn From Steve Jobs
著者、カーマイン・ガロが自ら語っています。

 

Apple (unreleased) Think Different ad –
Narrated by Steve Jobs (1997)
この動画では、ナレーションはジョブズです。

 

スティーブ・ジョブズ・ 2009年9月・さよなら・英語&日本語・同時字幕
来日時のスピーチです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー