Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » 『質問する力』(3) 新・大前研一名言集(55) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『質問する力』(3) 新・大前研一名言集(55) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『質問する力』(3)

 

『質問する力』(初版 2003年3月1日 文藝春秋)は、
<人生をより良く生きるための武器である「質問する力」>を
多数の具体例を挙げて詳述した本です。

 


 政府がデフォルトを起こしたら、

 国の借金証文である国債は紙屑になります。

 すると、まず日本の銀行はどこも確実に

 吹き飛びます。なぜならほとんどの銀行は

 莫大な額の国債を保有しているからです。

 彼らは銀行本来の貸し出し業務で資金を

 運用せず、それを止めて国債を買っている

 のです。

              今日の名言 1 〈163〉

 


 不良債権の処理とは、経営の危なく

 なっている企業に銀行が貸し出したお金を、

 回収してしまうことです。といっても貸した

 お金の一部しか戻ってはきません。

 それをやると、銀行の損が確定し、

 一方では資金を取り上げられた企業が

 潰れます。 

 不良債権を処理すると、不良債権はなくなる

 でしょう。全く不良債権のない国ができる

 のかもしれません。

 しかし、それと景気とは別の問題です。

              今日の名言 2 〈164〉

 


 現在の低金利も、不良債権を抱えた

 銀行やゼネコンを助けるためのものです。

 政府が不景気を理由に金利を下げ続けて

 きたため、預金につく金利がほとんど

 ゼロという状況がもう何年も続いています。

 預金者に金利を払わない銀行というのは、

 (不正蓄財を極秘で預かってくれる)

 スイス以外では聞いたことがありません。

              今日の名言 3 〈165〉

 

日本国債に関して明らかなことは、日本国債の大半を保有
しているのは、日本銀行や市中銀行そして日本国民です。

米国債を大量に保有しているのは、現在では中国です。
以前は日本でしたが、中国と交代しました。

日本国債と米国債の違いは、大量保有しているのが自国か
他国かというものです。

日本国債は国内で大半を保有しているため、最悪の場合、
つまりデフォルト(債務不履行)が発生した際、
国はどんな手段を講じるでしょうか?

国民の預貯金、約1400兆円と言われています。

日本の債務残高は、地方自治体を含め、約1000兆円と
言われています。GDP(国内総生産)は約600兆円
ですから、GDP比で160%以上に達しています。

国民の預貯金額のほうが債務残高よりも多いので、
カバーすることができるのです。

「でもどうやって?」と疑問に思われたかもしれません。

預金封鎖です。

預金封鎖が実施されると、自分の預金であるにもかかわらず、
預金の引き出しが制限されるか、できなくなります。

日本史上、預金封鎖が実施されたことがあります。

 


 今から半世紀以上前、昭和21年2月17日に

 突如として預金封鎖と新円切替が

 実施されました。

  格差脱出研究所のサイトから引用)

 

もしそんなことが起こったら、あなたはどうしますか?

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー