Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » カーマイン・ガロ » 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(14) 言葉の迷宮(55) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』(14) 言葉の迷宮(55) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『スティーブ・ジョブズ 脅威のプレゼン』(14)

 

 

多くの聴衆に、身近なことをイメージしやすいように、
数字とアナロジー(類推、類比)を、併用することが
大きな効果を生むことに気づかされます。

私たちもプレゼンテーションの時だけでなく、簡単な
打ち合わせや、普段の会話の中にも活用すると、
一層効果的でしょう。

 


 ジョブズは、速度は2倍、価格は半分になった

 と表現した。並みのプレゼンターは文脈なしで

 数字を垂れ流すだけですごいとわかってもらえ

 るはずだと考える。対してジョブズは、コアな

 ファンなら数字だけで理解できても、今後、

 製品を買ってくれるかもしれない人たちの大半に

 は意味のない数字にしか見えないことをよく知っ

 ている。だから、具体的な数字を文脈に置いて

 聞き手に密着した意義を持たせるのだ。

                 (PP.194-195)

         (040ー1-0-000-163)


 
 


 アナロジーというのはふたつのものの似ている
 
 点を利用するもので、上手に使えばとても

 わかりやすい文脈で数字を説明することが

 できる。

 説明したいことが複雑になるほど、アナロジー

 などを使ってわかりやすくすることが大事になる。   
 

                 (PP.197-198)

         (041-1-0-000-164)


 


 数字が大きくなるほど、聞き手にわかる文脈で

 数字を説明することが重要になる。 

                    (P.200)

         (042-1-0-000-165)


 

ぜひ、以下の2冊を読んでいただきたいと思います。
ジョブズの生き方、考え方がよく分かります。

 

 

 

Stay hungry. Stay foolish. この有名な言葉は、
2005年のスタンフォード大学の卒業式のスピーチで、
使われました。この言葉が出てくるのは、
動画の最後です。

 

 

本著のタイトルになっている、「脅威のプレゼン」前編です。

 

本著のタイトルになっている、「脅威のプレゼン」後編です。

 

Steve Jobs – Inspirational Speech “If today were the last day of my life”

 

Tribute to Steve Jobs Think Different

 

Secret to Manifest Money & Success In Your Life –
Tyler Perry, Will Smith, Steve Jobs, Donald Trump

 

What You Can Learn From Steve Jobs
著者、カーマイン・ガロが自ら語っています。

 

Apple (unreleased) Think Different ad –
Narrated by Steve Jobs (1997)
この動画では、ナレーションはジョブズです。

 

スティーブ・ジョブズ・ 2009年9月・さよなら・英語&日本語・同時字幕
来日時のスピーチです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー