Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 日経ビジネスのインタビュー » 日経ビジネスのインタビュー(88) 日本はアジアの一部 斉藤 惇氏 [日本取引所グループCEO] 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

日経ビジネスのインタビュー(88) 日本はアジアの一部 斉藤 惇氏 [日本取引所グループCEO] 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

日本はアジアの一部 2013.9.23

 

斉藤 惇(さいとう・あつし)氏

[日本取引所グループCEO (最高経営責任者)]

 


 おかげさまで大きなトラブルもなく、現物株を東京に
 集めることができました。

 ただ、まだ道半ばです。金融派生商品(デリバティブ)を
 大阪に移すことが残っています。個別銘柄のオプション
 を含めると銘柄数は万単位。神経を使いますが、
 2014年3月というスケジュールには沿って作業が
 進んでいます。

 日本は明治維新で、小国であるにもかかわらず欧米列強
 に肩を並べました。でも、この台頭のプロセスは
 終わりました。かつてアジアでは「日本とその他」
 だったのが、今や日本はアジアの一部に過ぎません。

 アジアの国々の一つひとつは自信がないけれど、
 それだけに手を組んだり、良かれ悪しかれ欧米が
 言うことを割と素直に受け入れたりします。

 中国だって開放的です。日本企業が2万社も進出している。
 逆に、中国企業が同じ数だけ進出した場合、日本社会は
 受け入れられますか?

 日本株の魅力が乏しい理由として、日本企業の利益が
 非常に悪いことがまず挙げられます。世界標準に合った
 経営がなされていない。この反省がないのです。

 もう1つ、日本の経営者の頭の中には株主という存在が
 入っていません。銀行を株主と思っているが、彼らは
 債権者です。経営者は株主に責任を負っているという
 感覚は、中国や台湾、韓国よりも乏しいでしょう。

 あとは情報開示。これだけITが普及すると隠せません。

 国家の機密が流出する時代に、隠し通せるはずがない。
 恥が残るだけですよ。

 日本で金利が上がって、何が起きるか。悪性インフレ
 です。歴史が証明している。誰が犠牲になるかと言えば
 国民です。ブラジルで起き始めていますが、インフレに
 なって、物価が上がって、結果として債務が実質的に
 消える。その代わりに、国民生活は大災害ですよ。

 それをやるのですか。

 中国はよみがえりますよ。それまでに日本は生産性を
 高めておかないと、次のタイミングで日本は中国に
 離されます。そうなるとアジアは中国になびくのでは
 ないか。

 改革をやれば、国の価値が上がって、1人当りGDPも
 上がって、税収も増える。GDPの200%を越す債務なんて、
 シェイム(恥)ですよ。

 

日本時間で今日(2013年9月26日)、訪米中の安倍首相は
ウォール街で演説しました。概略は以下のとおりです。

「日本は復活します。必ず、復活しますから、どうか

日本の株を買ってください。

私は3語だけで表現します。

Buy my Abenomics

安倍首相の演説と、斉藤日本取引所グループCEO
(最高経営責任者)の発言を比べますと、
かなりの温度差を感じます。

実行が伴わないイメージ先行で話す安倍首相と、
市場の現場と現物を見てきた斉藤CEOとの、
現実を観る目の違いといえるかもしれません。

「3現主義」に照らし合わせて見ると、自ずと結論が
見えてくると思います。

現在、日本の株式市場はアベノミックスの期待感だけで、
上昇しているように思えてなりません。

もっとも、現在は株式を保有していない私には、株が乱高下
するたびに、一喜一憂することはありません。

とても株式保有者と同じ気持ちにはなれませんね。

アベノリンピックス(「アベノミックス」と「オリンピック」を
合わせた合成後。慶應義塾大学教授・竹中平蔵氏が命名)に
浮かれている状況ではない、と真摯に取り組む姿勢が極めて
大切だ、と思います。

あなたはどう思いますか?

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー