Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » ビジネス・ウェポン » 『ビジネス・ウェポン』(4) 新・大前研一名言集(45) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ビジネス・ウェポン』(4) 新・大前研一名言集(45) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ビジネス・ウェポン』(4)

  
『ビジネス・ウエポン』(初版 2002年12月20日 小学館)は、
大前研一さんがマッキンゼーに在籍した時に、
自ら開発したスキルなどの多くを披露している本です。

サラリーマンの武器(ウエポン)は論理力と創造力である、
という言葉はとても説得力を持っています。


 ロジカル・シンキングとは、様々な事象の

 複雑な関係を収集した情報を理論的に

 正しく理解し、自らの思考を論理的に

 整理・構成するための技術である。

 その基本は2つある。

 1つはアリストテレスの論理学で言う

 ところの「A=B、B=Cであれば

 A=Cである」という論理構築だ。

 これを積み重ねていくことで誰も

 考えつかなかった「A=Z」という

 答えを導き出すことができるのだ。

 もう1つは「足して100になる議論を

 する」ことだ。AとBを足せば全体像に

 なり、それ以外に漏れもなければ重複もない、

 という理論構造の議論である。

              今日の名言 1 〈133〉


 問題解決法の第一歩は問題を定義すること

 なのである。しかし日本の学校では、

 まず問題を定義する、ということを教えない。

 先生が問題を出してしまうからである。
 
 そして生徒は参考書や虎の巻(教科書ガイド)

 を見て答えを丸暗記する。

 だが、日本の社会人に学校で習ったことのうち、

 世の中に出てから何を使ったか質問してみればいい。

 「対数を使ったか?」「ピタゴラスの定理を

 使ったか?」と。おそらく90%以上の人は、

 加減乗除の計算以外は1度も使ったことが

 ないはずだ。それが社会というものなのである。

              今日の名言 2 〈134〉


 仮説を立てることが重要だ。

 「もし問題が○○だとすれば、原因は××

 ではないか?」という仮説を立てる。

 そのうえでデータを集め、事実に基づいて

 証明していくのである。

              今日の名言 3 〈135〉

私たちは、アリストテレスの論理学と問題の定義、そして
質問力を高めていかないといけない、と思います。

感情論でなく、論理力で説得できることが不可欠です。
そのためには、あらゆる事象について、疑問を持ち、
なぜの5乗(なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ)を習慣化
することです。

あなたも、早速、今日から試してみませんか?

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー