Home » 今週のビジネス書 » 今週のビジネス書 2015.01.26

今週のビジネス書 2015.01.26

 

今週のビジネス書 2015.01.26

藤巻隆です。「今週のビジネス書」は、2001年4月16日に立ち上げたサイト「本当に役に立つビジネス書」の一つのコンテンツといいますか、トップページに掲載していたものです。現在では、サイトよりもブログの更新が中心となっていますので、今後はこのブログ「藤巻隆のアーカイブ」の一つのコンテンツとして毎週掲載していきます。

 

 1. 新刊 

イスラム国 テロリストが国家をつくる時

イスラム国 テロリストが国家をつくる時 ロレッタ ナポリオーニ


中東の国境線をひきなおす。

アルカイダの失敗は、アメリカというあまりに遠い敵と
第二戦線を開いたことにあった。

バグダッド大学で神学の学位をとった一人の男、バグダディは
そう考えた。

英米、ロシア、サウジ、イラン、複雑な代理戦争をくりひろげる
シリアという崩壊国家に目をつけた、そのテロリストは
国家をつくること目指した。

領土をとり、石油を確保し、経済的に自立。

電力をひき、食料配給所を儲け、予防接種まで行なう。
その最終目標は、失われたイスラム国家の建設だと言う。

対テロファイナンス専門のエコノミストが放つ
まったく新しい角度からの「イスラム国」。

池上彰が渾身の解説。

 

野村證券グローバルハウスの火種

野村證券 グローバルハウスの火種 外村 仁


かつて日本の証券会社が国際業務に本格展開し始めたころ、
ロンドンの「シティ」に旋風を巻き起こした男がいた。

野村證券の元副社長 外村仁である。

彼は、バブル景気をはさんだ激動の時代にロンドンに渡り、
欧米や欧州の投資銀行に正面から勝負を挑み続けた。

本書は、野村を世界のノムラに押し上げた男のフィナンシャー
としての冒険記である。

彼が起こした、国際展開の炎は火種となって、いま、
本書とともに次世代に受け継がれていく。

すべての金融マンに必読の書である。

 

 

 2. 好評の既刊 

「自分」の壁

「自分」の壁 (新潮新書) 養老 孟司


「自分探し」なんてムダなこと。

「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。

脳、人生、医療、死、情報、仕事など、あらゆるテーマについて、
頭の中にある「壁」を超えたときに、新たな思考の次元が見えてくる。

「自分とは地図の中の矢印である」「自分以外の存在を意識せよ」
「仕事とは厄介な状況ごと背負うこと」―『バカの壁』から十一年、
最初から最後まで目からウロコの指摘が詰まった一冊。

 

賢者の戦略―生き残るためのインテリジェンス

賢者の戦略 (新潮新書) 手嶋 龍一/佐藤優


無知なる者には「死」しかない――

日本が生き残るための戦略とは? 我々は反知性主義にどう抗うべきか?

「イスラム国」の台頭、中ロの新帝国主義路線、ウクライナ危機、
拉致被害調査、集団的自衛権論争、東アジア情勢……

混迷を極める最新国際情勢を「最強の外交的知性」がつぶさに分析し、
衝撃の「全真相」を導き出す。

たちまち5万部突破!

 

 

 3. 管理人の注目本 

マネジメントの名著を読む

マネジメントの名著を読む (日経文庫) 日本経済新聞社


日本の第一線で活躍する経営コンサルタント、経営学者たちが、
自身の推薦する経営論・戦略論の名著を、独自の事例分析を
交えながら紹介します。

ドラッカー『マネジメント』、ポーター『競争の戦略』といった
古典から、ウェルチ『ウィニング勝利の経営』のような敏腕経営者
による経営論まで、珠玉の12冊をそろえました。

マネジメントに必須の戦略論や組織論、リーダーシップ論の基礎知識
を手早く知りたい読者に格好の入門書です。

 

社長、そのデザインでは売れません!

社長、そのデザインでは売れません! 川島 蓉子


自動車、家電、IT機器からソフトウェア、飲食サービスまで……。

日本から「かっこいい商品」「売れる商品」「素敵な商品」が
生まれなくなったのはなぜか?

その理由は、日本の経営者がデザインを経営の中核に置くことを
怠ったからだった。

どうすれば、日本の商品が消費者にとって魅力的なものに生まれ変わるのか?

伊藤忠ファッションシステムで長年流通業を研究し、
ifs未来研究所の所長として、百貨店や老舗和菓子、化粧品などと
協業企画を実践する、川島蓉子が、3人の経営者、3人のデザイナー・
クリエイターに、「デザインを生み出せる経営のあり方」について訊く。

登場するのは、TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブの
増田宗昭社長、三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長、伊藤忠商事の
岡藤正広社長、広告から企業のブランディングまでを手がけるクリエイター
の佐藤可士和、アウディのデザインで知られる和田智、アメリカのMITメディア
ラボの副所長を務める石井裕。

日本が「売れる、愛される、かっこいい」を取り戻すための処方箋

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー