Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » チャイナ・インパクト » 『チャイナ・インパクト』(14) 新・大前研一名言集(41) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『チャイナ・インパクト』(14) 新・大前研一名言集(41) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『チャイナ・インパクト』(14)

 

『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、
中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。
中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』
『中華連邦』)は必読書です。

大前研一さんは歴史を重要視しています。
そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
ドイツの宰相・ビスマルクの言葉と言われている、
「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」
ということを実践しているのが大前さんです。

 


 ヨーロッパは今、中国をアメリカへの対抗軸として、地政学的に取り込もうとしている。

 実際、ヨーロッパのトップと中国のトップは、非常に頻繁に交流するようになっている。

 ヨーロッパから見ると、アメリカ一極支配を避ける方向は、中国を少し助けてやることだ、

 というようなメンタリティーがある。

              今日の名言 1 〈121〉

 


 日本のような際立った中央集権国家は、もう世界に例がない。

 なぜなら、すでに時代に合わないからだ。

 国境なき経済、ボーダーレス経済においては、いかに中央集権であっても、

 様々な形で裏側からお金が流れ、技術が漏れ、企業がこぼれていってしまう。

 ボ-ダーレス経済のこの時代には、中央集権制を維持していくには膨大な

 エネルギーを必要とするのだ。

              今日の名言 2 〈122〉

 


 相互依存というのは、なかなかきちんと理解されていないが、

 「それを壊すとお互い経済的に大きな痛みが伴う」という関係だ。

 安全保障上の一番大切な概念で、軍備を増強して安全保障を高めるというより、

 経済的にインターディペンダンス、すなわち相互依存を高めていくほうが

 安全は確保できる。

              今日の名言 3 〈123〉

 

相互依存については、日米関係よりも米中関係のほうが
相互依存は強まるのではないか、と見ています。

中国の人口は13億人。この膨大な数の胃袋を満たすには、
自給自足は不可能です。

米国は工業国と見られていますが、実は農業国でもあります。
農産物が豊富で、中国はこの農産物が供給されることを切望
しています。

シカゴ商品取引所は、
「世界の商品市場に大きな影響力を持つ取引所で、
特にトウモロコシや大豆などの穀物の先物価格形成に強みを
持っている」(Wikipediaから引用)からです。

米国は豊富な農産物を中国に輸出したいと考えています。
お互いの思惑が一致するわけです。

日本は、その取引を指をくわえて眺めているだけになります。
日中関係がギクシャクしている状況で、米国は日本より中国を
重視する政策を取ることになるでしょう。

TPP(環太平洋経済連携協定)交渉で、日米間で妥協点が
見いだせていません。

後から参加表明した日本の要求を、米国が全面的に認める
ことはありません。

一部でも認めることになると、本筋で合意している、TPPが
スタートした時から参加している各国に迷惑をかけることに
なります。

それでも、強引な日本の要求を認めるとなると、それ相応の
見返りを要求されることは間違いありません。

農業や漁業従事者を守るために、日本国民に多大な犠牲を
強いることは火を見るより明らかです。

次回から『ビジネス・ウェポン』を取り上げます。ご期待ください。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー