Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » チャイナ・インパクト » 『チャイナ・インパクト』(11) 新・大前研一名言集(38) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『チャイナ・インパクト』(11) 新・大前研一名言集(38) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『チャイナ・インパクト』(11)

 

『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、
中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。
中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』
『中華連邦』)は必読書です。

大前研一さんは歴史を重要視しています。
そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。
ドイツの宰相・ビスマルクの言葉と言われている、
「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」
ということを実践しているのが大前さんです。

 


 中国と台湾は、公式には国交が断絶していて、表向き直接の行き来ができない。

 現在は「小三通(さんつう)」といって、例外的に福建省と台湾の馬祖島、

 金門島との間で通商、通航、通信が開放されているだけだ。

 しかし、これが中国本土と台湾とのレベル、つまり「大三通」にまで広がって

 交易の直通ができるようになると、台湾が国土を広げるような形で一大発展

 する可能性は十分にある。

              今日の名言 1 〈112〉

 


 現在の大連は、建物も美しく清潔で、歩道には塵一つ落ちていないほどだ。

 自動車が走り出す前のパリを彷彿とさせる街並み、ハイレベルなホテル、

 交通手段そしてレストランがある。

              今日の名言 2 〈113〉

 


 「間接業務のユニクロ化」とは、バックルームと呼ばれる間接業務のうち、

 比較的労働集約型で付加価値の低い業務を、人件費の安い海外へアウト

 ソーシングするという発想である。

 日本語データベースの入力作業や、顧客の問い合わせを受け付けるコール

 センターなどがよい例だ。

              今日の名言 3 〈114〉

 

中国政府は、表向きは「台湾は中国の一部」という位置づけをしています。
しかしながら、中国は、台湾企業を誘致し、民間企業同士のつながりを
強化しています。

Win-Winの関係を保とうとしています。
中国は、台湾だけでなく、米国企業の誘致にも積極的です。

通商、通航、通信という三通を拡大していくことにより、中国と台湾の
関係強化をさらに強めていくことでしょう。

日本は、英語、中国語(北京語)、日本語の三カ国語に堪能な経営者が
いる、台湾との関係を大切にしていきたいものです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー