Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » ダニエル・ピンク » 『ハイ・コンセプト』(24) 言葉の迷宮(41) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ハイ・コンセプト』(24) 言葉の迷宮(41) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ハイ・コンセプト』(24)

『ハイ・コンセプト』の原著は2005年に出版されて
います。

そして、翻訳され出版されたのは2006年5月20日
です。

故スティーブ・ジョブズなどによる世界の価値を
変革する出来事を、予言していた本のように感じ
ました。

サブタイトルの『「新しいこと」を考え出す人の
時代』を再考してみると、その意を強くしました。

 


 新しい時代には、一人ひとりが自分の仕事を

 注意深く見つけ、次のことを問う必要がある。

 ① この仕事は、他の国ならもっと安くやれる

 だろうか?

 ② この仕事は、コンピュータならもっと速く

 やれるだろうか?

 ③ 自分が提供しているものは、豊かな時代の

 非物質的で超越した欲望を満足させられるだ
 
 ろうか?

 この3つの質問は、成功者と脱落者とを分ける

 指標である。
 

 
                    (P.346)

         (070ー1-0-000-121)

 
 


 デスクトップパソコンの登場と、業務の機械化

 によって、人間の技能の中で2つのカテゴリー

 の価値が高まった、と彼ら(MITのフランク・

 レヴィとハーバード大学のリチャード・マーネ

 イン)は言う。

 1つ目は、「エキスパート思考(決まった解決

 策が存在しない新しい問題を解決すること)」、

 もう1つは、「複雑なコミュニケーション(説

 得、説明、その他の方法で情報についての

 特定の解釈を伝えること)」だ。
 

                 (PP.347-348)

         (071-1-0-000-122)

 


 先進国における物質的豊かさは増え続けている。

 つまり、早くシフトできた人が、最も大きな利益

 を得ることになる。

 完全な全体思考を身につけた人、ハイ・コンセプト、

 ハイ・タッチな能力をマスターできた人は、大成功

 を収めるだろう。

 だが、残りの人――シフトが遅いか、まったくしな

 い人――はチャンスを逃すか、悪くすると苦しむこ

 とになるかもしれない。

 選択肢はあなたの手中にある。

 この新しい時代はチャンスで輝いて見えるが、動き

 の遅い人や頑固な人には過酷な時代だ。 

                 (PP.348-349)

         (072-1-0-000-123)

 

『ハイ・コンセプト』はいかがでしたでしょうか?

次回からは、『スティーブ・ジョブズ 脅威のプレゼン』
を取り上げます。お楽しみに!

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー