Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » チャイナ・インパクト » 『チャイナ・インパクト』(8) 新・大前研一名言集(35) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『チャイナ・インパクト』(8) 新・大前研一名言集(35) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『チャイナ・インパクト』(8)

 

『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、
中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。
中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』
『中華連邦』)は必読書です。

大前研一さんは歴史を重要視しています。
そして独自の歴史観から事象を捉えることもしています。

ドイツの宰相・ビスマルクの言葉と言われている、
「愚者は己の経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」
ということを実践しているのが大前さんです。

 


 ボーダーレス経済の中で、ある地域の経済が発達するためには、

 この「四つのC」が国境を超えて流入してくることが不可欠だ、

 というのが私のかねてからの持論である。

 すなわちキャピタル(資本)、コーポレーション(企業)、

 コンシューマー(消費者)、コミュニケーション(情報)

 の四つの条件である。

              今日の名言 1 〈103〉

 


 今の中国はまったく違う。

 留学先から帰ってくれば即、「できることは最大限にやらせましょう」

 という待遇が約束されている。

 もともと中国人は優秀だ。

 アジアの主要国におけるTOEFLの平均点を見れば、英語圏である

 フィリピン、インドに次いで高得点を上げている。

 日本の順位はといえば、インドネシアや韓国、タイなどの後塵を拝する有様で、

 中国に遠く及ばない。

              今日の名言 2 〈104〉

 


 「世界一」とか「世界初」「世界最速」という言い方を、

 中国人はこの数年で平気で使うようになったのである。

              今日の名言 3 〈105〉

 

中国人は自信にあふれている、と言えましょう。
それが、ある意味で過剰に出ているのが、
中華思想(中国が世界の中心)です。

領土問題で、日本だけでなく、ベトナムや
フィリピンなどとも対立姿勢を強めているのは、
アジアの安定という面で不安感を抱かせるものです。

言語の観点から考察すると、英語と中国語は語順が
似ているため、相互に理解しやすいとも言われています。

英語も中国語も、語順は主語、動詞、目的語となります。

日本語は最後に動詞がくるため、文末にならないと肯定文か
否定文か分からないという点が、英語や中国語と異なります。

米中の接近は、日本にとってやきもきすることですが、
米中相互にとってメリットがあるからです。

米国にとっては、13億人という巨大マーケットは
とても魅力があります。

中国にとっては、13億人の胃袋を満たすためには、米国の
食糧は欠かせません。中国は自給自足できないのです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー