Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » ダニエル・ピンク » 『ハイ・コンセプト』(16) 言葉の迷宮(33) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ハイ・コンセプト』(16) 言葉の迷宮(33) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ハイ・コンセプト』(16)

 


「共感」とは感情の表れです。
心の底から共鳴できる感情の表出です。

チャールズ・ダーウィンは、「すべての哺乳類には
感情があり、それを伝達する手段の一つが表情で
ある」と述べているそうです。

喜怒哀楽という4つの感情と共感は結びついている、
と思われます。

 


 私たちは共感することで、議論の別の側面を見る

 ことも、ふさぎこんでいる人を慰めることも、悪

 口を言いたいところをぐっと我慢することもでき

 る。また、共感によって、自己が形成され、親子

 の絆が築かれ、力を合わせて働くことができ、また

 道徳の基盤が作られる。

 だが、他の「ハイ・コンセプト」「ハイ・タッチ」

 な資質と同様、共感も「情報化の時代」には必ずし

 も適切な評価を得ていたとは言えない。

                     (P.243)

         (046ー1-0-000-097)

 
 


 置き換えの難しい資質こそ価値があるという

 ことだ。中でも、コンピュータにはマネする

 ことができず、遠くにいる人が電子コミュニ

 ケーションで行なうことはできないとはっき

 りしている資質が一つある。

 それが「共感」である。

                  (PP.244-245)

         (047-1-0-000-098)

 


 『種の起源』(岩波書店他)を発表してから13年

 後の1872年、チャールズ・ダーウィンは、

 ビクトリア朝社会を批判する別の著書を出版した。

 『人間及び動物の表情』(改造社)というタイトル

 のその本は物議をかもした。

 中でも注目すべきは、ダーウィンが、「すべての哺

 乳類には感情があり、それを伝達する手段の一つが

 表情である」と述べていることだ。

                     (P.245)

         (048-1-0-000-099)

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー