Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » チャイナ・インパクト » 『チャイナ・インパクト』(4) 新・大前研一名言集(31) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『チャイナ・インパクト』(4) 新・大前研一名言集(31) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『チャイナ・インパクト』(4)

 
 
『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、
中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。
中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』
『中華連邦』)は必読書です。

 


 「間接業務のユニクロ化」とは、バックルームと呼ばれる間接業務のうち、

 比較的労働集約型で付加価値の低い業務を、人件費の安い海外にアウト

 ソーシングするという発想である。

 日本語データベースの入力作業や、顧客の問い合わせを受け付ける

 コールセンターなどがよい例だ。

              今日の名言 1 〈91〉

 


 ホワイトカラーに限って言えば、中国でも人件費はどんどん上がっている。

 優秀なスタッフはいわゆるアメリカ帰りだったり、外資系企業との引き抜き

 合戦があったりして、国際的な時価に近づいているのだ。

 私もマッキンゼー時代にそういう人材を随分採用したが、すぐに国際的な相場

 に上がってしまった。

              今日の名言 2 〈92〉

 


 ヨーロッパは今、中国をアメリカへの対抗軸として、

 地政学的に取り込もうとしている。

 実際、ヨーロッパのトップと中国のトップは、

 非常に頻繁に交流するようになっている。

              今日の名言 3 〈93〉

 

コールセンターについて、あまり知られていない事実があります。

コールセンターを沖縄や北海道に設置し、日本語に堪能な
中国人を雇っているのです。

中国本土にコールセンターを設置している企業もあるようです。

私が体験したことですが、サポートセンターへ電話したら、
電話に出たオペレーターの女性の話し方に、何か違和感を
感じました。

訛りというよりも、ほんの少しですが「外国人の話し方だな」
と感じられたのです。電話であったので、より鮮明に伝わった
のかもしれません。声だけから判断するからです。

フェイスツーフェイスであれば、すぐに分かることです。

そうは言っても、きちんとした対応をしていましたし、
こちらの質問内容を十分に理解し、担当者につないで
くれました。

きちんとした社員教育がされている、と思いました。

こんなところにもアウトソーシングが進んでいるのか、
と納得しました。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー