Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » チャイナ・インパクト » 『チャイナ・インパクト』(2) 新・大前研一名言集(29) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『チャイナ・インパクト』(2) 新・大前研一名言集(29) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『チャイナ・インパクト』(2)

 

『チャイナ・インパクト』(初版 2002年3月29日 講談社)は、
中国を正しく理解するための視点を提供してくれる本です。
中国関係では、この本を含めた3部作(『中国シフト』
『中華連邦』)は必読書です。

 


 中国は今、まったく新しいタイプの国家に生まれ変わろうとしている。

 それは、経済的には並はずれた競争力を備え、政治的にも安定し、

 社会的不穏に直面しても揺らぐことのない国である。

 そして、将来は、政治・経済の両面で、アメリカ以外のどの国よりも

 優位に立つ国家になるはずだ。

              今日の名言 1 〈85〉

 


 中国の繁栄を疑う人間は、珠江デルタに台湾や日本から5万社も

 進出しているという、この重みをまったく理解していない。

 珠江デルタの中で部品がすべて揃うのである。

 これは世界史上最大の産業集積地だ。

              今日の名言 2 〈86〉

 


 ネットワークというのは、それを構成する個々の要素が自立していながら、

 それぞれがつながっている概念をいう。

 互いに競い合う一方で、情報や資源が自由にやり取りされる。

 だから一つの要素が行き詰まっても、他の要素が伸びてくる可能性がある。

 例えばテキサスの経済が行き詰まっても、ニューヨークやシリコンバレーが

 爆発的に伸びることもある。

 すべての要素がいっぺんにダメになるということはまずないのだ。

              今日の名言 3 〈87〉

 

中国は、台湾を中国の一部と表向きは表明しています。
ところが、台湾の民間企業が多数中国に進出し、
事実上のパートナーとしてWIN-WINの関係になっています。

大前さんは、この関係を「三通」と述べています。
つまり、通信、通商、通航で三通です。

大前さんは、台湾についてこのようにも説明しています。
「英語、中国語(北京語)、日本語の3カ国語を話せる
経営者がいるは、台湾だけである」。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー