Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 日経ビジネスの特集記事 » 日経ビジネスの特集記事(10) 沸騰・不動産 次の風景 アベノミクスで買うべき場所(2) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

日経ビジネスの特集記事(10) 沸騰・不動産 次の風景 アベノミクスで買うべき場所(2) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

<このページでは、『日経ビジネス』の特集記事の
概要紹介と、管理人のコメントを掲載しています>

日経ビジネスの特集記事(10)

沸騰・不動産 次の風景
アベノミクスで買うべき場所

2013.6.10

日本買い漁る

東京・銀座6丁目にある松坂屋銀座店の再開発事業が進んでいます。
2013年6月末でいったん閉店し、オフィスと商業施設などからなる
13階建てのビルに生まれ変わります。

再開発事業の総工費は約700億円ということで、2016年8月の再開を
目指しているそうです。

この事業に参加する企業群の中に、意外な企業があります。
住友商事、森ビルの他に、L Real Estate(LRE)という名前が
並んでいます。

LREとは何者か?

それは、ルクセンブルク籍の投資ファンドで、LVMHモエヘネシー・
ルイヴィトングループの一員だそうです。

70億円程度出資し、複合商業施設の一部を保有することに
なっています。

名古屋市屈指の繁華街、栄から2駅、最寄駅から徒歩5分ほどの
場所に、総戸数100超の、大きめのマンションがあるそうです。
名古屋の不動産鑑定士、十倉幸氏によると、「賃料は1㎡当たり
月2000円程が相場」で、50㎡ほどの1LDKであれば、10万円が
目安になります。

このマンション1棟の実質的な買い手はデンマークのファンド会社、
スパーインベスト・プロパティ・インベスターズだそうです。

私たち一般人が知らないところで、外国勢が日本の物件を買い
漁っているのです。

中国人が北海道の水資源を持つ原野を買い漁っていることが、
マスコミで報道されたことがあります。
中国人ならやりかねないと思っていました。

中国では土地を所有することができないからです。
外国なら所有が可能なわけです。
中国人は、水資源が大切なことを十分に理解しているのです。

特に、日本の水は高品質だからです。

ところが、都心部でも外国企業が不動産物件の実質的な所有者と
なっていることには、驚きを隠すことができませんでした。

こうした事情に詳しい、ドイツ証券の大谷洋司シニアアナリストは
次のように話しています。

「『持たざるリスク』を意識する投資家が着実に増えている」

ただひとつ言えることは、彼らの目的は投資であり、インカム
ゲイン(家賃収入)を得ながら、機を見てキャピタルゲイン
(売却益)を得ることです。
短期間で売却することもあり得ます。

長期的視野で「大家さん」になる意識は乏しいと考えられることは、
残念なことです。

ビジネスである以上、感情を入れてはいけないのかも知れません。
ビジネスライクに割り切ることが必要なのでしょう。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー