Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » ドットコム仕事術 » 『ドットコム仕事術』(5) 新・大前研一名言集(改)(24) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ドットコム仕事術』(5) 新・大前研一名言集(改)(24) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ドットコム仕事術』(5)

 
『ドットコム仕事術』(初版 2003年8月10日 小学館)は、
日本でIT企業が注目され始めた頃に書かれた本です。

先見性と洞察力に裏打ちされた本書を読み返してみると、
新しい発想で仕事に取り組み成果を挙げるための、
多くのヒントが見つかりました。

 


 むしろ営業マンにとって大事になってくるのは、「負け方」である。

 負けることで、逆に顧客との関係を強化し、将来の「勝ち」につなげる

 ことも可能だ。

 実現不能な「5勝0敗」を目指す考えを捨て、「3勝2敗」を目指し、

 しかもその2敗でいい負け方をするよう、営業マンは心がけなければならない。

              今日の名言 1 〈70〉

 


 私はつねづね、《T型人間》を目指せといってきた。

 これは、幅広い知識や経験を持つ(Tの横棒の部分)ゼネラリストであると同時に、

 何か1つ専門分野を持っている(Tの縦棒の部分)人間のことを指す、私の造語だ。

 さらにいえば、ゼネラリストでありながら、専門分野を2つ持っている《π型人間》

 が望ましい。

              今日の名言 2 〈71〉

 


 現状の人脈に満足してはいけない。

 あらゆる機会とすでにある人脈を駆使して、常に新しい人脈との出会いを求め、

 貴重な情報に触れることに驚きや喜びを見出してほしい。

              今日の名言 3 〈72〉

 

大前さんと同じく、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタント
に従事していた、人事問題の専門家、高橋俊介さん(慶応義塾大学
大学院教授)の著書の中に、次のような内容の事柄が書いてありました。

「自分が一番得意で自信があるもので勝負せずに、二番目に得意なもので
勝負した方がいい」。

これはどういうことかといいますと、自分が一番とくと思っている分野には、
ライバルが非常に多い。ところが自分が二番目に得意なもので勝負すると、
一番得意なものをベースに持っているので、周囲の人が持っていないことに、
差をつけることができ、強いのだ、ということです。

具体的な例で、考えてみましょう。
あなたが英語に一番自信があるとしましょう。そして、二番目に営業力、
あるいはマーケティング力に自信があったとします。

英語が得意と言っても、世の中には英語の達人はたくさんいます。
その中に入ってライバルと競争した場合、あなたがよほど突出した英語力
を持っていない限り、勝ち目はありません。

ところが、二番目に得意な営業力あるいはマーケティング力で勝負した
場合、ベースに英語力があるので、営業が一番得意な人に差をつけることが
できる、ということです。

営業に自信のある人、また英語に自信がある人はいます。
しかし、営業も英語も得意な人は、あまりいないからです。

順番が逆でも構いません。営業が一番得意で、英語が二番目に得意な人は、
英語で勝負すればいいのです。

いわゆる英語屋さんに勝てるのです。英語はできるけれど、営業はできない
人は、いくらでもいます。

そういう意味で、大前さんが提唱する、Π型人間を目指すべきなのです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー