Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » ダニエル・ピンク » 『ハイ・コンセプト』(7) 言葉の迷宮(24) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ハイ・コンセプト』(7) 言葉の迷宮(24) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ハイ・コンセプト』(7)

 

ユニクロ(ファーストリテイリング)やセブン&アイ・
ホールディングス、あるいは明治学院大学のデザインや
イメージ戦略で、多大な貢献をしている、
アートディレクターの佐藤可士和さんのことを
ご存知だと思います。

佐藤さんの仕事ぶりを見ると、ダニエル・ピンクが
指摘していることが正しいと分かります。

言い換えると、佐藤さんがダニエル・ピンクが指摘
していることを具現化しているのです。

 


 デザインは、古典的な全体思考能力だ。

 (ジョン・)ヘスケットの言葉を借りれば、

 「実用性」と「有意性」の組み合わせである。

 コマーシャルデザイナーは、読みやすいパン

 フレットを手早く作り上げる必要がある。

 これが「実用性」である。

 だが、パンフレットとして最大の効果をあげ

 るには、言葉では表現しきれないアイデアや
 
 情感を読む人に伝えなくてはならない。

 これが「有意性」である。

                     (P.129)

         (019ー1-0-000-070)

 
 


 「実用性」のほうは「左脳主導思考」に近く、

 「有意性」は「右脳主導思考」に近い。そして、

 左脳主導・右脳主導の2つの思考スタイルと

 同じように、今日、「実用性」の価値は広く

 認められ、安価に、比較的容易に実現できる

 ようになった。おかげで「有意性」の価値も

 高まってきたのである。
 
                     (P.129)

         (020-1-0-000-071)

 


 デザインは私たちの食欲を刺激し、料理を引き

 立てる道具をキッチンに提供する以上のことが
 
 できる。良いデザインは世界を変えることが

 できるのだ(そして、困ったことに、ひどい

 デザインでもそうなのだ!)

                     (P.147)

         (021-1-0-000-072)

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー