Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » ドットコム仕事術 » 『ドットコム仕事術』(2) 新・大前研一名言集(改)(21) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ドットコム仕事術』(2) 新・大前研一名言集(改)(21) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ドットコム仕事術』(2)

  
『ドットコム仕事術』(初版 2003年8月10日 小学館)は、日本でIT企業が注目され始めた頃に書かれた本です。

 先見性と洞察力に裏打ちされた本書を読み返してみると、新しい発想で仕事に取り組み成果を挙げるための多くのヒントが見つかりました。

 


『企業参謀』の中で論じたのがこの戦略的思考だ。

平たくいえば、常識というパッケージに包まれたモノ

(商品や事業など)を解体し、最も有利な状態に

再構築した上で攻め込んでいく思考である。

つまり単純化すると、ゼロから新しいビジネスを

創出するのが構想力で、既成のビジネスから創出する

のが戦略的思考だといえよう。

              今日の名言 1 〈61〉

 


ビジネスのヒントは、身近に転がっている。

問題は、それに気づくかどうか、そして、

未知の知識を吸収する好奇心を持っているかどうかだ。

知的にマメか、怠惰か。

その差が収入を大きく左右する。

どんな事柄も、それを知っている人間と、

知らない人間がいる。

この《知的格差》にこそ、ビジネスチャンスがあるのだ。

              今日の名言 2 〈62〉

 


グローバル化が進む中、サラリーマンは3つの距離を

理解しておく必要がある。

1つは〈物理距離〉。

これは、A地点とB地点がどれくらい離れているかを示す。

次に〈時間距離〉。

A地点からB地点への移動にかかる時間を示す。

3番目は〈料金距離〉だ。

A地点からB地点への移動にかかる料金を表わす。

シーガイアの敗因は、大人口を抱える東京など都市部

からの料金距離で、ハワイやグアムに劣ったことにあるわけだ。

現在は外資系企業の運営のもと、再生が進められている。

鍵は、やはり料金距離の克服であろう。

              今日の名言 3 〈63〉

 

シーガイアのことが書かれていますが、同様のテーマパークの
ハウステンボスのことを思い出しました。

ハウステンボスも破綻しました。
その後、ハウステンボス再生のため、HISの創業者の澤田秀雄
さんが社長に就任し、以前とは異なるコンセプトで作り変えました。

そもそもの間違いは、ディズニーリゾートと同じようなことをしよう
としたことにありました。

お客様が集まらない場所に、広大なテーマパークを建設したを指して
います。

澤田さんは、広すぎた敷地を3分の2に縮小し、アジアからの訪日
旅行者をターゲットに戦略を練り直し、実行しました。

澤田さんが、日経ビジネスのインタビューに答えている記事(抜粋)
がありますので、ご覧ください。

アジア大航海時代が来る

「デジタル・デバイド」という言葉があります。情報の格差のこと
です。

インターネットの急速な普及は、情報に素早くアクセスできるか、
否かで大きな格差を作り出しました。

知っているか、知らないかで収入に格差を生じたのです。
そして、その差は急激に拡大し続けています。

マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏は、自ら設立した財団を通じ、
世界中の貧しい子どもたちに、パソコンを無償で提供する活動を続け
ているのは、そうした背景があるからです。

情報の格差を、少しでも減らそうと試みているのです。

そういえば、グーグルが提供している、GoogleAdsenseというサービス
は、貧しい国に住んでいる人たちが大きな収入を得ることに役に立って
いるという事実があります。

ウェブサイトに貼り付けられたグーグルの広告を見た人が、クリック
すると、収入になります。

同じ広告であれば、ワンクリック当たり世界統一の料金になっています。
物価は国によってまちまちなので、貧しい国の人たちにとっては大金を
手にすることができるのです。

GoogleAdsennseはこうした貢献をしているのです。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2015 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー