Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 言葉の迷宮 » ダニエル・ピンク » 『ハイ・コンセプト』(1) 言葉の迷宮(18) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『ハイ・コンセプト』(1) 言葉の迷宮(18) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『ハイ・コンセプト』(1)

この本の訳者である、大前研一さん
(私のグールー=思想的指導者)は、
『「100万ドルの価値がある質問」に
初めて真っ正面から答えを示した、アメリカ
の大ベストセラーである』と語っています。
(帯参照)

この本が出版されたのは、2006年ですから、
今から7年前(このブログを最初に書いたのは
2013年)ですが、今でもこの本の内容が
取り上げられることは、少なくありません。

それほどまでに世の中に大きな影響を与えた
本と言えます。

著者、ダニエル・ピンクの評価を決定づけた名著です。

 


 未来をリードするのは、何かを創造できる人や

 他人と共感できる人、パターン認識に優れた人、

 そして物事に意義を見出せる人である。

 つまり、芸術家や発明家、デザイナー、ストー

 リーテラー、介護従事者、カウンセラー、そして

 総括的に物事を考えられる人である。
 
 

                     (P.26)

         (001ー1-0-000-052)

 


 本書では6つの重要な資質について考える。

 私はこれを「6つのセンス(感性)」と

 呼んでいるが、仕事上の成功を収められるか、

 生活に満足を得られるかは、この「6つの

 センス」に大きく左右されるようになる。

 「6つのセンス」とは、デザイン、物語、調和、

 共感、遊び、生きがいだ。
 

                     (P.27)

         (002-1-0-000-053)

 


 新しい時代を動かしていく力は、これまでとは

 違った新しい思考やアプローチであり、そこで

 重要になるのが「ハイ・コンセプト」「ハイ・

 タッチ」である。

 「ハイ・コンセプト」とは、パターンやチャンスを

 見出す能力、芸術的で感情面に訴える美を

 生み出す能力、人を納得させる話のできる

 能力、一見ばらばらな概念を組み合わせて

 何か新しい構想や概念を生み出す能力、

 などだ。

 「ハイ・タッチ」とは、他人と共感する能力、

 人間関係の機微を感じ取る能力、自らに

 喜びを見出し、また、他の人々が喜びを

 見つける手助けをする能力、そしてごく

 日常的な出来事についてもその目的や

 意義を追求する能力などである。
 

                   (PP.28-29)

         (003-1-0-000-054)

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー