Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » 『考える技術』(12) 新・大前研一名言集(改)(12) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『考える技術』(12) 新・大前研一名言集(改)(12) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『考える技術』(12)

『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、
大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

教育には『知育』『体育』『徳育』があります。
どれか一つに偏ってはいけません。
『知育』を一つをとっても、憶えるだけの詰め込み教育
では応用が利きません。

大前さんが言うようなパスファインダー、
道なき道を進むためには徹底的に『考える』という訓練が
不可欠です。

日本人が苦手なのはロジック(論理)です。
アリストテレスの「三段論法」を身につける必要があります。
三段論法とは次のようなものです。
A=B B=C ゆえにA=C

例を挙げましょう。
    (1)大前研一さんは人間である。 
    (2)人間は考える葦である。
    (3)大前研一さんは考える葦である。

 


 前提があって結論があるという思考パターンの人間なら、

 どんなときにもパニックにならないし、前提が変われば

 また違う結論を出せる。マッキンゼーにかぎらず、

 これからの世の中は、他の仕事でもこういうタイプのほうが

 うまくいくはずだ。

 こうして私は、「こういう思考パターンなら大丈夫だろう」

 という人間だけを採用していた。

 それでもうまくいく確率は二割ほど。

 それだけマッキンゼーは厳しい会社だったということである。

              今日の名言 1 〈34〉

 


 何を知っているかではなく、知らないことを頼まれたときに、

 どういう思考回路をとるのかが本当に重要なことなのだ。

              今日の名言 2 〈35〉

 


 日常のトレーニングで重要なのは、つねに知的好奇心を持つことである。

 たんに与えられたテーマについて考えるだけでは、

 本当の意味で物事を考えることにはならないからだ。

 知的好奇心を持って生きていると、世の中には新聞やインターネットでは

 知ることのできない、じつに興味深い情報が溢れている。

              今日の名言 3 〈36〉

 

好奇心が人間を成長させる原動力となりうる、と考えています。
そしてもう1つは、欲望です。悪い意味ではなく、欲がなくなると
成長は止まります。思考停止に陥りやすくなります。

「日経ビジネス」の最新号(2014.01.06)で、京セラの創業者、
稲盛和夫さんと、ファーストリテイリングの会長兼社長、
柳井正さんが、新春対談を行なっています。

その中で、柳井さんが次のように語っています。

「僕が最近驚いたのは、取材に来た若い記者の言葉です。
上司に何が欲しいのかと聞かれてこう答えたんですね。
『私たちは何もいらない。家もクルマも欲しくないし、
結婚だってしたくない』。楽しみは何かというと、部屋
で友達と話している時が一番幸せだと。」

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー