Home » 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ » 新・大前研一名言集(改) » 『考える技術』(7) 新・大前研一名言集(改)(7) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ

『考える技術』(7) 新・大前研一名言集(改)(7) 藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ


 

『考える技術』(7)

『考える技術』(初版 2004年11月4日 講談社)は、大前氏の考え方のフレームワーク(枠組み)のエッセンスを述べた本です。

なかには、かなり厳しい意見もありますが、真摯に受け止め、少しでも実行する心がけが必要であると痛感しました。

重要な内容を多く含んでいますので、10回以上にわたって名言を取り上げます。


 もし事実に対して忠実なら、自分がどの立場にいるかは

 関係がないはずだ。事実が出てきたらそれに対して忠実になり、

 その事実を素直に認める。でなければ物事を見抜くことは

 できないし、正しい解決策を生み出すためのプロセスを

 踏むことなど不可能だ。

 解決策を生むためには、まず自分がバイアスがかかって

 いない状態に身を置かなければいけない。

              今日の名言 1 〈19〉


 繰り返すが、問題解決に必要なのは、まず事実を認めた

 うえで「正しいことは何か、なすべきことは何か」を

 考えることである。

 たとえ社長が反対の立場であっても、それを説得する

 勇気をもつ。どんなに相手が嫌がっても、事実に対しては

 忠実になる。これが問題解決の大原則である。

              今日の名言 2 〈20〉


 自分の意見が相手の意見と違うときに、事実に裏打ちされ

 た信念を持って、どうやってその意見を相手に納得して

 もらうか。そういう努力を平素から行っている企業と、

 同質の集まりの中で訓練をまったくしていない企業とでは、

 極めて大きな差が生まれてしまう。

              今日の名言 3 〈21〉

「事実に忠実であれ!」

と、大前さんは繰り返し説いています。

たとえ、事実が、自分が考えていたことと異なっていたとしても、
事実を歪めることは、決してしてはならないということです。

これは、時には事実に対して「敗北」を認めることにもなります。
「敗北」を認める勇気が必要なのです。

事実を積み重ね、問題の本質に迫っていく態度が求められます。
主観に頼って、客観(事実)を軽視することはビジネスにおいて
許されません。いや、ビジネス以外でもそうかもしれません。

論理的思考において、事実が前提であることは、言うまでもない
ことです。

「事実に忠実であれ!」

この言葉を、頭の中で繰り返し、繰り返し、つぶやいてみましょう。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー