Home » 今週のビジネス書 » 今週のビジネス書 2014.12.01

今週のビジネス書 2014.12.01

 

今週のビジネス書 2014.12.01

藤巻隆です。「今週のビジネス書」は、2001年4月16日に立ち上げたサイト「本当に役に立つビジネス書」の一つのコンテンツといいますか、トップページに掲載していたものです。現在では、サイトよりもブログの更新が中心となっていますので、今後はこのブログ「藤巻隆のアーカイブ」の一つのコンテンツとして毎週掲載していきます。

 

 1. 新刊 

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書) 池上 彰、佐藤優 

領土・民族・資源紛争、金融危機、テロ、感染症…
これから確実にやってくるサバイバルの時代を
生き抜くためのインテリジェンスを伝授する。

中東、ウクライナなど各地の紛争が連日報じられるが、
日々の報道では真相はよく分からない。
「情報の達人」が背景から明快に解説。

 

沈みゆく大国アメリカ

沈みゆく大国アメリカ (集英社新書) 堤 未果

鳴り物入りで始まった医療保険制度改革「オバマケア」は、
恐るべき悲劇をアメリカ社会にもたらした。

「がん治療薬は自己負担、安楽死薬なら保険適用」
「高齢者は高額手術より痛み止めでOK」「一粒一〇万円の薬」
「自殺率一位は医師」「手厚く治療すると罰金、
やらずに死ねば遺族から訴訟」。

これらは、フィクションではない。

すべて、超大国で進行中の現実なのだ。
石油、農業、食、教育、金融の領域を蝕んできた
「一%の超・富裕層」たちによる国家解体ゲーム。
その最終章は、人類の生存と幸福に直結する「医療」の分野だった!

 

 

 2. 好評の既刊 

人に強くなる極意

人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス) 佐藤 優

[日販MARCより]

どんな相手にもぶれない、びびらない…。

外国の要人、日本国首相、そして特捜検察などに
対してギリギリの交渉力を発揮してきた著者が、
現代を「図太く」生き残るための処世術を伝授する。

 

里山資本主義

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21) 藻谷 浩介

「社会が高齢化するから日本は衰える」は誤っている。

原価0円からの経済再生、コミュニティ復活を果たし、
安全保障と地域経済の自立をもたらす究極の
バックアップシステムを、日本経済の新しい原理として示す。

〈受賞情報〉新書大賞大賞(2014)

 

 

 3. 管理人の注目本 

文体の科学

文体の科学 山本 貴光

文体は人なり。

長短、配置、読む速度……目的と媒体が、
最適な文体を自ら選びとった。

古代ギリシャの哲学対話から、聖書、法律、
数式、広告、批評、小説、ツイッターまで。

理と知と情が綾なす言葉と人との関係を
徹底解読する。

【電子時代の文章読本】

 

クロネコ遺伝子―生き続ける「小倉昌男」イズム

クロネコ遺伝子 岡田 知也

それでお客様が喜びますか?。

誰もがわかる言葉で問い続けた経営の原点。

驚きと感動を生み続ける“強くて柔らかい組織”
には全社員が共有する遺伝子があった。

 

 

 

きっとお好みのドメインが見つかるはず!
ロリポップレンタルサーバーを利用しています。

 

ムームードメインで独自ドメインを取得しました。

 

Copyright (C), 2013-2014 藤巻隆のアーカイブ All Rights Reserved.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー